サッカー界を代表するスーパースター、リオネル・メッシ選手が、イスラエルのOrCam Technologies社の視覚障害者向けAIテクノロジーの親善大使に就任しました。2019年のTIME誌のベストイノベーション賞にも輝いたワイヤレス視覚アシストツール「OrCam MyEye」は、メガネの縁に装着して使用する、指1本分くらいの大きさの超軽量デバイスです。ユーザーの音声やジェスチャー、視線の動きにすぐに反応して、新聞、書籍、パソコン画面、レストランのメニュー、スーパーマーケットの商品ラベル、道路標識などあらゆる文章をリアルタイムで本人に音声で読み上げてくれます。メッシ選手といえば、世界最高のフットボーラーと呼ばれる超人気アスリートですが、自身も幼少期に病気の治療を乗り越え、その後FCバルセロナのエースとして数々の優勝を果たしてきました。強い発信力を生かし、視覚に障害のある人が自分の能力を最大限に発揮するサポートツールを広め、障害者の自立を支援します。


以下では、2020年9月7〜11日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【プロダクト/サービス】【ビジネス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)に移動します。

【プロダクト/サービス】

  • ・最先端視覚アシストAIツールとメッシ選手の夢のコラボ
  •  サッカー界の大スター、リオネル・メッシ選手が、イスラエルのOrCam Technologies社の視覚障害者向けAI(人工知能)テクノロジーの親善大使に就任した。視覚障害者に平等な機会を提供し人生を変えるきっかけをつくるべく、革新的なOrCam社の技術をグローバルに広める活動を開始する。活動の一つに、メッシ氏がリーダーを務める「OrCamドリームチーム」の結成がある。世界中から数十人の視覚障害者を募り、メッシ氏からバルセロナで直接OrCamの新視覚アシストツール「OrCam MyEye」を無償で受け取り、チームメンバーに加わることができるというものだ。自分の可能性に挑み、最大限の力を引き出す男、メッシはまさに適任である。

    「OrCam MyEye」(出所:OrCam社ホームページ)

     OrCam MyEyeを見てみよう。指1本分の大きさ、わずか22.5gのコンパクトなデバイスは、メガネの縁に磁石で装着可能。ユーザーの音声やジェスチャー、視線に反応して、新聞、書籍、PC画面、レストランのメニュー、スーパーの商品ラベル、道路標識などあらゆる文章をリアルタイムで本人に聞こえるソフトな音声で読み上げてくれる。顔認証、色・紙幣識別機能も搭載。また、今後最新バージョンには言語選択機能も追加される予定だ。世界には軽度から重度まで視覚障害に苦しむ人が約3億人いるといわれている。OrCam社は、「AIはコンパニオン」を掲げる洗練されたNLP(自然言語処理)テクノロジーで視覚障害者が学校や職場により参画できるアシストを提供する。世界50カ国、25か国語に対応するOrCam MyEyeは2019年TIME誌のベストイノベーション賞に輝いている。
    Lionel Messi Becomes OrCam Technologies Ambassador to Advocate for Technology-Enabled Accessibility for Blind and Visually Impaired Community

  • ・壁に取り付け、高齢者の転倒を検知するスマートセンサー
  •  高性能の新センシングテクノロジーが、部屋の中における高齢者や障害者の転倒を見守る。イスラエルのEssence SmartCare社が、テレケアを活用した多次元型転倒見守り装置「MDsense」をグローバルに発売し、家の中の安全を高める。従来の転倒見守り装置は、正確性と信頼性に課題があり、誤検知による通報が多く、サービス会社の悩みの種であった。高齢者施設でケアを受ける人の半数近くはこういった転倒見守りツールを身に付けており、検知の性能を上げることが喫緊の課題となっている。

    「MDsense」(出所:Essence SmartCare社プレスリリース)

     MDsenseは、一人ひとりが身に付けるウェアラブルデバイスではなく、部屋の各壁に取り付けるインテリジェントセンサーを使用し、居住者全員の転倒を一律で保護する。気になるプライバシー面もしっかりクラウド管理で守りつつ24時間動作し、暗い部屋でも高性能に検知が可能だ。AIと機械学習でデータを継続的に収集して学習しながら、正確で迅速に対応し、より品質の高いケアを可能にする。施設の各部屋の壁がスマートで頼りになるガードマンとなり、いざという時に備えて居住者の身の安全を守る。
    Essence SmartCare launches MDsense to enable complete senior fall protection

  • ・活性蒸気で歯ブラシをいつも清潔に保つ歯ブラシ保護ケース
  •  新学期が始まる。今年はいつもに増して、学校における感染症予防対策に力を入れたい。米Perrigo社が販売する「Steripod」は、家でも外でも歯ブラシを細菌やウイルスから守り、清潔に保つための歯ブラシ保護ケースだ。この歯ブラシケースは、多くの洗口剤に含まれる有効成分「チモール」を含んでおり、活性蒸気で歯ブラシを清潔にし、リフレッシュさせてくれる優れものだ。

    「Steripod」(出所:Perrigo社プレスリリース)

     Perrigo社のシニアバイスプレジデントのグレッグ・マコーミック氏は「通学、自宅学習にかかわらず、毎日使用する歯ブラシにほんの少し気を配るだけで、感染症や病気をしっかりと防ぐことができる。常に空気やモノにさらされている歯ブラシを保護することは重要である」と述べる。また、米国歯科医師会(ADA)によると、最低でも90日に一度は歯ブラシとケースを取り換えることが推奨されている。米大手小売店であるBed Bath & BeyondやTarget、Walmartなどへ行って、Steriopod製品をすぐに買い置きしておくことをお勧めする。
    Back-to-School: 4 Ways to Protect from Illness with Steripod®

  • ・笑顔や細かいニュアンスを相手に伝えるエレガントマスク
  •  人間のコミュニケーションは、相手の顔の表情から細かい感情を読み取ることが大きな部分を占める。出合い頭の笑顔にはかけがえのない安心感を得るし、ふとした発言が冗談なのか本気なのかは、表情からしか読み取ることができない。米ClearlyHuman社は、付け心地の良さ、コミュニケーションの促進、ウイルスからの完璧な保護を提供する、エレガントな透明保護マスク「Reveal」を開発、Kickstarterで発売を開始した。Kickstarterとは2009年に設立された米国のウェブサイトであり、クリエイティブな新プロジェクトに対して、期間限定のクラウドファンディングによる資金調達キャンペーンを行うサイトである。

    「Reveal」(出所:ClearlyHuman社プレスリリース)

     透明保護マスクRevealの4つのシンプルなコンポーネントを見てみよう。1)安全なくもり止めコーティングを施した透明ポリカーボネート製シェル、2)優しい付け心地の柔らかいシリコンガスケット(気密性、液密性を持たせるために用いる固定用シール材)、3)簡単に交換可能なストラップ、4)高性能なN95レベルフィルターカートリッジ──。ClearlyHuman社の共同設立者の1人であるリチャード・ホルブルック氏は過去にデザイン賞の受賞歴もあり、Revealについて「マスクが抱える様々な課題を解決するデザインを目指した。コミュニケーションを円滑にし、困難な時代に人としての尊厳を保つことのできるマスクだ」と評する。
    New Transparent Mask Design Provides Superior Protection and Human Connection