米Abbott社の次世代型継続的グルコース(血糖値)モニタリング装置の最新バージョン「FreeStyle Libre3」がこのほど欧州CEマークを取得。欧州の糖尿病患者向けに販売を開始します。

 従来比で70%も小型化。「世界最薄・最軽量」をうたうコイン2枚大の大きさになりました。上腕の後ろに装着しているのを忘れるほど軽く、よりユーザーフレンドリーになったにも関わらず、従来と同じ価格で提供する予定だとアピールしています。詳細は以下をご覧ください。


以下では、2020年9月28日~10月2日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【プロダクト/サービス】

  • ・「世界最薄」、コイン2枚の大きさの血糖値モニタリングセンサー
  •  継続的グルコース(血糖値)モニタリング技術の世界的リーダーである米Abbott社の次世代型「FreeStyle Libre3システム」が欧州CEマークを取得した。これから、このシステムを欧州の糖尿病患者向けにローンチし、リアルタイムでグルコース値をスマホに随時送信することを可能にする。新発売のFreeStyle Libre3のセンサーは、既存のセンサーの容量を70%削減したデザインで、世界最薄・最軽量を実現、でも価格は既存バージョンと変えずに提供する予定だ。さらに、センサーの素材はプラスチック使用量を41%削減、カートン紙の使用量は43%削減し、持続可能目標に近づける。

    (出所:Abbott社プレスリリース)

     FreeStyle Libre3システムは、最も長持ちする自己装着型のCGMセンサー9を搭載、14日間連続装着できる。センサーを上腕の後ろに装着すれば、今までグルコース値測定の際に痛みを伴っていた指棒が不要となる。高性能と低価格を両方実現することは長年のCGM(持続グルコースモニタリング)市場の課題であったが、FreeStyle Libre3はついにその壁を打ち破ることに成功した。Abbott社のFreeStyle Libre製品ポートフォリオは世界50カ国以上において200万人の患者に愛用され、健康なライフスタイルのサポートに貢献してきている。糖尿病の管理をより手軽に、シームレスにすることを目指すAbbott社のイノベーションは止まらない。
    Abbott's FreeStyle® Libre 3 System Receives CE Mark - Features World's Smallest, Thinnest Sensor with Best-in-Class Performance at the Same Low Cost for People with Diabetes

  • ・モナ・リザと学ぼう!知られざる乳がんの12の兆候
  •  「バストサイクル」というのをご存じだろうか。乳房が月周期を通してどのように変化するのか、また閉経後にどのように変化するのかに関する事実は、実は女性の間でもあまり知られていない。これらの変化を正しく理解することは、乳がんの早期発見にとって非常に重要だ。受賞歴のある無料アプリ「Know Your Lemons」は、乳房の健康について、今まで推測でしか把握できていなかった部分を、分かりやすく説明してくれる。

    (出所:Know Your Lemons Foundationプレスリリース)

     乳がんの兆候はしこりだけではなく、12の症状があるという。自己検診の手順を、アプリの中でモナ・リザがオーディオガイドとして登場し、解説してくれる点もユニーク。クイズ形式で回答を進めていくと、個別のリスク要因に基づいた自己検診プランを作成できる。自己検診を忘れないようにするためのリマインダーや、年に一度のマンモグラフィの予約を忘れないように通知する機能もある。人生の中で何回生理があったかを計算できる機能もあり、女性にとって興味深い要素満載だ。

     乳がんの12の症状に関する認識を高めるために、Know Your Lemonsアプリを全ての世代の女性にお薦めする。このアプリを立ち上げた慈善団体Know Your Lemons Foundationは、乳がんの12の症状について認識を高める活動の一環として、ソーシャルメディアを使った「#knowyourlemonschallenge」を開始し、寄付を募りながら世界規模で乳がんの早期発見を促進する。
    Know Your Lemons App Tracks Your Period and Your Breast Cycles to Improve Early Detection for Breast Cancer

  • ・「逆に新しい」理学療法とデザインで勝負するシンプルな指圧器
  •  AIでもスマートでもオンラインでもない、シンプルな特許済みツール「Mobilization Magic」が、筋肉の関節の痛みを軽減し、可動域を広げる効果があるとして注目されている。健康増進に理学療法とデザインという2つの観点で勝負を挑むのは米mobilizationmagic.com社だ。10月3日より、世界最大のクラウドファンディングサイトKickstarterの40%割引キャンペーンを開始し、市場の評価を待つ。Kickstarterキャンペーンはスタートアップを支援し、新製品の型を作るための費用と、先着1000個の製品製作資金を提供する。スタートアップ企業は、キャンペーンが成功するまで何も支払う必要がないため、新しい製品を市場にローンチする絶好の機会だ。

    (出所:mobilizationmagic.com社プレスリリース)

     Mobilization Magicをデザインしたのは、受賞歴のあるオーストラリアの理学療法士であるピーター・グレゴリー氏。「圧力と時間がキーワード。このツールを使うと関節や筋肉の痛みが、使用開始後1週間以内に改善する。毎日の使用と、指示に注意深く従うことが効果を高める秘訣」と語る。Mobilization Magicは必要な身体の部位に半径25mmの棒状の部分を使って適度な圧力をかけ、怪我や緊張によって凝り固まった部位をほぐしてくれる。25mmというのはちょうどセラピストの肘と同じ大きさであり、菌膜をほぐすのに最適な設計だ。

     重力と自分の体重を使用して、セラピストの代わりに手軽に毎日自宅で圧迫治療を行い、機能不全の手足、関節、筋肉が徐々に回復し、痛みを軽減させる。健康を目指すために高性能なテクノロジーが必ずしも必要なわけではない。重要なのは、地道に毎日治療に取り組む根気、そして人間工学に基づいて設計されたちょっとしたツールをうまく活用することだ。
    mobilizationmagic.com Announces Kickstarter Campaign

  • ・靴に敷くだけ、歩行の圧力・時間をリアルタイムモニタリング
  •  米Tekscan社が靴の中に敷いて歩行データを収集する、新たなワイヤレス靴内圧マッピングシステム「F-Scan64」を発表した。たった3分で簡単に靴の中に装着できる超薄型の圧力センサーがユーザーの歩行データを収集し、ユーザーが身に付けるデバイスに送信して分析したり、ワイヤレスでPCソフトウェアプログラムに送信したりできる。医師や専門家は、ユーザーの歩行の圧力や時間などのリアルタイムデータを使用して、歩行サイクルの問題点を検知したり、歩行機能不全を特定して修正したりし、1人ひとりの運動機能の向上をサポートする。

    (出所:Tekscan社プレスリリース)

     F-Scan64のセンサーは薄さ0.3mmで柔軟性があり、64の感知点を持つのが特徴。また、誰でもぴったりなサイズが見つかるよう、6種類のサイズで用意されている。F-Scan64は100Hzまでの速度でスキャンできるため、様々な歩行分析アプリに連携可能だ。Rubino氏は「F-Scan64は歩行、スクワット、肺活量などの運動中の力測定に適している。また、リハビリ前後の治療や、その人に合った装具や矯正用シューズを選んでデザインする支援にも役立つ」と述べる。装着簡単で使いやすく、自然に歩行しながらモニタリングできる点がユーザーにとって便利であり、また医師や研究者にとってもデータを様々なファイルフォーマットに変換できる点が高評価を得ている。
    Tekscan Introduces a New Cord-Free, Bluetooth-Enabled In-Shoe Pressure Mapping System for Quick & Natural Gait Analysis