患者の搬送や治療を行う「病院船」。その歴史は古く、古代ローマ時代にも医療活動を行う船が存在したとされ、日本でも氷川丸が病院船として稼働した実績があります。特に海に囲まれている日本のような場所では、災害時に道路が寸断された時などに災害現場に駆け付けられるという利点もあります。

 今週はGlobal Mercy号という世界最大級のNGO病院船が完成した記事を紹介します。VR/ARラボなどの最先端技術を搭載し、今後15万人の命を救う使命を負った病院船とは、どんなものでしょうか。


以下では、2020年10月5~9日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)等が配信したプレスリリースの中から、編集部がピックアップしたものを【ビジネス】【プロダクト/サービス】【要素技術】に分類しました。各項目をクリックすると、それぞれのプレスリリース(ウェブサイトやPDFなど)にリンクいたします。

【プロダクト/サービス】

  • ・最先端VR/ARトレーニングラボを備える、世界最大級の病院船
  • (出所:Mercy Shipsプレスリリース)

     世界で毎年1600万人以上が手術を受けられずに命を落としている。この世界的な課題に挑むのは、慈善ボランティア団体であるMercy Shipsだ。Mercy Shipsは40年以上に渡り、外科治療を必要としている世界中の人々に無料で高品質の治療を提供している。このほど「Global Mercy号」と名付けられた世界最大級のNGO病院船が完成し、お披露目された。

     Global Mercy号はカスタマイズした機器、最先端技術、高度な訓練を受けた人材が強みだ。医師や医療スタッフはVR(仮想現実)やAR(拡張現実)のトレーニングツールを備えたシミュレーションラボで、船上の特殊な環境でのベストプラクティスを学ぶことができる。174m、3万7000トンのこの船には6つの手術室があり、外科医、船員、調理師、教師、電気技師やスタッフが600人以上ボランティアで集まっている。講堂や体育館、プール、カフェ、図書館などがあり、最大950人の乗組員が収容できる設計だ。

     特にサハラ以南のアフリカでは、人口の93%以上が安全な手術を必要な時に受けることができない。COVID-19が医療システムを脅かす今、基本的な救命ケアがこれまで以上に必要とされている。Global Mercy号は安全で清潔な環境を提供し、これから50年の間に15万人以上の命を船上で救うための航海に乗り出す。
    Mercy Ships Announces the Global Mercy, World's Largest NGO Hospital Ship

  • ・「無菌スマートホーム」、ワンランク上のライフスタイルを演出
  •  家庭における感染対策と衛生管理に未だかつてないほど関心が高まっている。昨今のトレンドに応えるため、香港の2社Pricerite社とHKBN(Hong Kong Broadband Network Limited)社が提携し、モバイルアプリで実現する「無菌スマートホーム」の提供を開始した。

     インストールも操作も簡単な遠隔制御システムを使って、家の中からウイルスをシャットアウトし、ライフスタイルをグレードアップできるというものだ。この無菌スマートホームとはどんなものかを実際にユーザーが肌で体験できるよう、2社は九龍にあるMegaBox New Retail Concept Storeにショールームをオープンした。ユーザーは広東語の音声コマンドでモバイルアプリを操作し、玄関における消毒、24時間体制の空調管理から、洗練された日常生活の環境づくり、娯楽までを楽しむことができる。

    (出所:Pricerite社プレスリリース)

     どんな機能かみてみよう。まず、玄関の天井には埋め込み型空気清浄機が設置され、非接触式赤外線温度計で来客者の体温チェックができる。靴はUV-C LEDライト殺菌装置を装備した引き出しに入れて病原菌を99.99%除去、部屋に入る前に非接触式除菌スプレーで手を消毒するのはもはや当たり前だ。スマート空気品質モニターが常時PM.2.5、VOC、ホルムアルデヒド、CO2、温度、湿度をチェックして、自動調整する。スマート掃除機が自動で家中を掃除し、UV-C除菌機能付きのスマートダニロボットVCを起動すれば、マットレスを洗浄して細菌やダニを除去できる。

     家の様々なデバイスを自由に操作できる音声コマンドは、忙しい生活にちょっとしたゆとりを生み出してくれる。夏の暑い夜は音声でアロマ加湿器と扇風機をオンにし、ベッドから離れずにLEDフロアライトをオフにすれば、ぐっすり眠れること間違いない。朝が来たら音声でブラインドを開け、接続されたスマート家電から自動的に用意されるコーヒーやトーストの香りで目を覚ます。家事はホームオートメーションに任せ、生活を満喫できる。

     リビングをシアターモードにすれば、オーディオシステムとRGB照明で、ゲーム体験をより盛り上げることができる。ドアや窓のセンサーがセキュリティを強化し、高画質のライブビューで家の外の異常を検知するとすぐに通知を送信して知らせてくれるので安心だ。

     この総合型スマートホームソリューションはカスタマイズ可能で、価格も手頃。異なるブランドの家電製品であっても、HKBN Homeのモバイルアプリで一元管理できてしまう所がすごい。一部の富裕層をターゲットにしているわけではなく、誰もがスマートホームを利用できることを目指す、画期的な試みだ。
    Pricerite x HKBN Proudly Pioneer Germ-free Smart Homes

  • ・セキュリティチェックポイントで、金属と一緒にウイルス検出
  •  セキュリティ金属探知機プロバイダーである米CEIA USA社が、COVID-19に対応する新セキュリティチェックポイント機器「CEIA 02PN20v3」を発表した。新型コロナウイルスの拡大により、マスク着用とソーシャルディスタンスと同じくらい重要な習慣となったのが検温だ。空港や重要な施設の入り口には、検温機能を搭載したセキュリティシステムを設置することが求められている。セキュリティシステムにとって重要なのが、誤検知の数を最小限に抑えることだ。誤検知により二次検査やスタッフとの接触、待ち時間が発生するのを防がねばならない。

    (出所:CEIA USA社プレスリリース)

     O2PN20v3は最新の誘導型検出技術でセキュリティレベルの設定に応じて金属を検出し、二次検査の回数を削減することができる。高精度に複数の対象物をスクリーニングし、スピードアップを実現。可視・赤外線マルチスペクトルシステムを組み合わせた体表温度測定法を用い、最大値を自動的に表示して、基準を超えるとアラームを発する。データストレージも充実しており、10万件以上のトランジット情報を動画で保存できる。金属だけでなく、身体に潜むウイルスをセキュリティチェックポイントで検出できる時代の到来だ。
    CEIA USA Advances Screening Operations With New Security Checkpoint Solution