「CRF」(cancer-related fatigue)と呼ばれる、がん患者の症状をご存じでしょうか。「がんまたはがんに関連した、つらさを伴う持続的、主観的な疲労感または消耗感」のことで、がん治療中やがん治療終了後の患者が経験する最も頻度の高い症状だといいます。

 このCRFを改善するためのアプリとして、オランダTired of Cancer社が開発したのが「Untire」。このほど、同アプリを用いた臨床試験が実施され、結果が発表されました。果たして…。

2020年10月19~23日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■がん患者の倦怠感に寄り添うアプリ、12週間で効果

  •  がん患者の「倦怠感」はCRFと呼ばれ、私たちが一般的に日常生活において経験する疲労感とは異なり、がんの治療やがんそのものに伴う症状である。

    (出所:グローニンゲン大学プレスリリース)

     安静や睡眠によって症状が軽減されないことが特徴で、米国ではがんの治療開始後1年以内の患者において発現率が80%を超え、治療後何年も倦怠感が続く患者は30%にのぼると言われる。患者の主観的な感覚に頼る部分が大きいため、症状の評価が非常に難しく、気づかれずに放置されることも多い。

     オランダで最も古い研究大学であるグローニンゲン大学は、CRF改善に向けたモバイルアプリ「Untire」(オランダTired of Cancer社が開発)を使用した臨床試験を行ったことを、学術雑誌Psycho-Oncologyに発表した。試験には、中程度から重度の疲労を持つがん患者やがんサバイバー799人が参加し、Untireを使用したところ12週間の間にCRFが大きく減少したことが確認された。特にアプリを定期的に使用した患者は効果が高く、アプリを3回使用後に効果が現れた患者もいた。

     Untireのコンテンツは認知行動療法、マインドフルネスに基づく認知療法、身体的・心理的リハビリテーションを組み合わせ、教育と継続的なエネルギー測定、ストレスを軽減する瞑想、ビデオとオーディオガイドによるエクササイズで構成されている。CRF改善への効果が実証されたことについて、Untireを開発したドア・ヴォンク氏は「使いやすさが症状の改善効果を高める鍵」と語る。
    Randomized Control Trial Demonstrates Untire is an Effective Digital Therapeutic Against Cancer Fatigue