2020年10月26日~11月6日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■「健康データ・エコシステム」目指す米HumanAPI社、シリーズCで20億円調達

  •  米HumanAPI社が、シリーズC投資ラウンドで2000万米ドル以上の調達を発表した。本ラウンドに参加したのは、韓国Samsung Ventures社、米CNO Financial Group社、米BlueRun Ventures社など。

    (出所:HumanAPI社プレスリリース)

     同社は健康データの流動性の促進に向けた「健康データ・エコシステム」を目指すスタートアップ。医療情報基盤(EHR)や地域の医療情報連携、全国データネットワークのデータ集約を簡素化し、消費者が自らデータを共有して、企業が有効活用できるシステムを構築する。

     消費者が日々生成する膨大な健康データは、構造化されないまま散らばっており、産業のイノベーションに十分に活用されていないのが現状。データが分散することで、安全な管理が難しいのも課題だ。データを実用的な資産として活かすことができれば、消費者と企業の両方にすぐに価値を提供できる。

     Human API社のプラットフォームを利用すれば、患者がデジタルヘルスプロバイダーの提供するサービスに即時合意し、必要なデータを共有して最適な個別化医療をすぐに受けることが可能とする。また、製薬会社の新たな臨床試験への申込みも簡単にできるようになる。あるいは、生命保険に加入するための必要書類を即座に送信し、査定プロセスを短縮できる。

     HumanAPI社のデジタルヘルスデータ・プラットフォームは、すでに英Prudential社や米John Hancock社を始めとするFortune500の金融サービス企業や、米Omada Health社や米Thrive Global社などのデジタルヘルスケア企業に使用されており、消費者主導型の製品購入サービスや、デジタルヘルスソリューションのスケールアップを支援している。今回の資金調達により、保険、製薬、デジタルヘルスの各業界をつなぎ、消費者が自己管理する健康データを市場全体で活用する新たな「健康データ・エコシステム」の実現に近づく。

     急成長を牽引するのが、このほどチーフ・コマーシャル・オフィサーに就任したリチャード・ダフティ氏。ダフティ氏は今やクラウドサービスコマースのリーダー企業となったAppDirect社をたった4年でユニコーンに育てた立役者であり、米Symantec社の10億米ドルのクラウド事業を成功させてきた。
    Human API Raises $20M+ in Series C Funding To Scale Consumer-Controlled Health Data Ecosystem