2020年11月21~27日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■米Braid Health社の画像診断モバイルアプリがFDA承認

  •  医師が自分のデバイス上のモバイルアプリから医療用画像を診断できる、米Braid Health社のAI診断連携ソフトウエアが、米国食品医薬品局(FDA)に承認された。医師や放射線技師が、診断用画像にどこからでもリアルタイムにアクセスし、注釈を加えて迅速に診断結果を患者と共有できるようになる。大手医療施設や緊急治療クリニック、街中のスーパーにあるクリニックなど、どこからでもすぐに診断連携できるようになり、コスト削減にもつながるとしている。

    (出所:Braid Health社プレスリリース)

     Braid Health社は2018年、Apple WatchやiPhone、Siri開発を手掛けたケビン・ケネソン氏とアレサンドロ・サバテリ氏が共同で創立。同社を投資面で支えるのは、米VCのLux Capital社、Twitter社の元CEOのディック・コストロ氏や元COOのアダム・べイン氏だ。Braid Health社CEOのケネソン氏は「モバイル機器の技術革新のペースは驚異的だ。今のスマホは数年前に購入した放射線技師用ワークステーションの4倍のトランジスタ数を持つ。画面の解像度は一般的な視距離でも6Mピクセルの医療用ディスプレイの解像度を超え、コントラスト比は1000倍だ」とモバイル機器の可能性を語る。

     Braid Health社のプラットフォームはアプリをインストールしなくても、QRコードをスキャンするだけでデバイスからアクセスできる。また、既存のPACS(医療用画像管理システム)や画像ストレージシステム上に重ねることができるため、医療機関は高価なソリューションを追加で購入する必要がない。エッジコンピューティングとGPU(グラフィックスプロセッサ)ベースのDICOMGSDFキャリブレーション(グレースケール標準表示関数に沿った校正)の研究により、レガシーソリューションの10倍の速度でDICOM画像を提供し、米国家安全保障局(NSA)が承認した暗号化技術を使用して常時PHI(個人健康情報)を保護する。

     ソフトウエアに搭載した品質保証のためのAIがエラーを回避し、医師による解釈の精度を高める。従来、診断のための画像処理プロセスは遅延が多く、医師と患者間のコミュニケーションの障害となっていた。これからは、医師がどこにいても、どのデバイスからでも、今までにない方法で高品質のフル画像を簡単に確認し、迅速な診断が提供可能になる。
    Braid Health granted FDA clearance for AI-powered diagnostic collaboration platform