2020年11月28日~12月4日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■「ポイントオブケア超音波」、米Clarius社が最新アプリ

  •  米Clarius Mobile Health社は2020年11月25日、最新版アプリ「Clarius Ultrasound App7.3.0」をリリースした。同社のポータブルワイヤレス超音波スキャナー「Clarius PA HD」と一緒に使うことで、医師は患者のベッドサイドで高解像度の心臓画像診断ができるという。

    (出所:Clarius Mobile Health社プレスリリース)

     世界的なパンデミックの中、隔離された病室から病室へと持ち運び可能な、高精度のポータブル超音波スキャナーの需要が高まっている。Clariusのデバイスはワイヤーがなくコンパクトで消毒も簡単。アプリはiOSとAndroidに対応している。

     Clarius社がポータブルスキャナーを開発したのは2016年。以降、米国、欧州、豪州、香港、インドネシア、韓国など50カ国以上で2万7000人のユーザーが、75万回以上スキャンに利用してきたという。リリースされた最新版アプリは最新式の8ビームフォーミングと呼ばれる技術により鮮明な心臓超音波画像を提供し、その画像品質は従来の病院の大型の超音波診断システムに匹敵するという。

     Clariusスキャナーは米HIPPA法に準拠したClariusクラウドに無料でアクセスでき、ビルトインのPDFツールを使用して医療レポートを印刷、保存、共有できる。ユーザーはデバイスやクラウドに画像を保存して管理することも可能だ。

     心臓や胸部、血管を患者のベッドサイドで迅速に診断・評価する技術は、「ポイントオブケア超音波(POCUS)」と呼ばれ、米国心エコー図学会(ASE)にも認められている。
    High-Definition Handheld Ultrasound Scanner Available Now for Rapid Bedside Cardiac Exams