2020年12月10~16日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■「感情を読む」ミニカーで小児患者をサポート、韓国Hyundai Motor社と米MITメディアラボ

  •  韓国Hyundai Motor社が米MITメディアラボ(マサチューセッツ工科大学)と「感情を読む」コンセプトカー「45」を共同開発、YouTubeのショートムービーで公開している。6分間の動画には、スペインのSJDバルセロナ子ども病院に入院中の小さな患者をサポートする「Little Big e-Motion」と呼ばれる医療プロジェクトが紹介されている。人工知能をベースにしたEAVC技術(Emotion Adaptive Vehicle Control)で運転手の感情を汲み取り、車両環境を最適化するというものだ。

    (出所:Hyundai Motor社プレスリリース)
    (出所:Hyundai Motor社プレスリリース)
    [画像のクリックで別ページへ]

     EAVC技術は、ヒトの顔の表情、心拍数、呼吸数をモニタリングし、車の速度、加速度、騒音、振動などを調整する。機械学習AIでデータを処理し、照明、空調、音楽、フレグランスなどをその時のユーザーの気分に合わせて最適化する技術だ。Hyundai Motor社はこの技術を搭載したミニEVをSJD病院に寄贈し、子供たちにとって大きなストレスとなる病院のベッドから治療室までの移動を、軽やかにアシストする。

    (出所:Hyundai Motor社プレスリリース)
    (出所:Hyundai Motor社プレスリリース)
    [画像のクリックで別ページへ]

     EAVCを搭載したミニEVは、5つのキーテクノロジーを駆使して小さな運転手たちとコミュニケーションをする。顔の感情認識システム、呼吸を認識するシートベルト、心拍数モニタリングセンサー、感情に適応する照明と芳香剤の機能だ。ソーシャルディスタンスを保ちながら小さな患者の感情をサポートすることで、パンデミック中の医療スタッフの支援にもなる。
    Hyundai Motor’s Mini ‘45’ EV Puts Emotions in Motion