■血液を直接酸素化する小型呼吸支援システム、米Inspira Technologies社

  •  米Inspira Technologies社が、血液を直接酸素化する呼吸支援システム「AXT」を発表した。人工呼吸器を使わず、このデバイスだけで血液に直接酸素を供給して二酸化炭素を除去し、患者の酸素濃度を即座に安定させるという。人工呼吸器の1/5ほどの大きさであり、移動性、使いやすさ、柔軟性の点でも優れている。集中治療室(ICU)に入らずに、患者は目を覚ました状態で無理なく呼吸を行いながら、治療を受けることができるとしている。

    (出所:Inspira Technologies社プレスリリース)
    (出所:Inspira Technologies社プレスリリース)
    [画像のクリックで別ページへ]

     各国で新型コロナが広がり続ける中、集中治療室と医療スタッフがひっ迫し、人工呼吸器の高いリスクやコストが課題となっている。Inspira社は、重篤な症状に陥る前の予防的治療法として、この新たなAXTシステムを発表した。システムには、患者情報やバイタルサインに基づいて自動的に供給する酸素量を調整する機能が内蔵されており、専門の技術者や医療スタッフによる操作が不要だ。タッチスクリーンは患者のバイタルサイン、システムコントロール、患者の周囲の様々なデータの3つの操作ゾーンに分かれ、使いやすい操作ダイヤルが画面の下方に設置されている。

     Newsweek誌が世界トップ10として名前を挙げるイスラエルSheba医療センターの心臓外科医であり、イスラエルECMO Societyの会長であるイーガル・カシフ医学博士は「スマートで低価格なAXTシステムにより、治療が提供しやすくなる。早期治療を行うことで侵襲を極力抑え、安全に治療効果を発揮できる。AXTの新技術を導入してより良いケアを提供したい」と期待を語る。
    Inspira Technologies Reveals the AXT - An Intelligent System that Directly Oxygenates Blood for Respiratory Care