■米NuEyes社「Pro3」ARスマートグラス発売、医療活用から政府・企業へ

  •  米NuEyes Technologies社が次世代のAR(拡張現実)スマートグラスソリューションの最新版「Pro3」を発表した。NuEyes社のスマートグラスは黄斑変性症や緑内障、網膜色素変性症などの医療分野で過去4年の間に大幅な売り上げ成長を遂げている。このほど新たに発表された二眼式軽量スマートグラス「Pro3」は、医療業界にとどまらず、政府や企業における教育、遠隔支援、知識移転、3Dデータ可視化、MRO(保守・修理・分析検査)メンテナンスなど、作業員の業務サポートにも使用できるよう進化して発売される。

    (出所:NuEyes Technologies社プレスリリース)

     NuEyes社CEO兼創業者のマーク・グレゲット氏は「4年前から医療や政府機関、企業などの顧客よりスマートグラスのニーズについてヒアリングを重ね、このたび米PFC社との数年間の独占製造契約を締結したことで、Pro3製品の製造を開始することができた」と説明する。

     Pro3は88gと超軽量、4Kディスプレーによる51度の超広角な視野を実現。製品ラインには3つのバージョンがある。第1はデュアル6DoFカメラに前方20メガピクセルのRGBカメラを搭載し、独自のコントローラーにテザリングする。SDK(ソフトウェア開発キット)にはSLAM(自己位置推定+環境地図作成)、物体認識、音声認識、ジェスチャー認識、平面検出が含まれる。

     第2のPro3-CはUSBタイプCプラグを備えた5メガピクセルのRGBカメラを搭載しており、ディスプレーポートを介して映像を生成するスマートデバイスに簡単に接続できる。ほとんどのAndroid端末やiPad、Macbook、MicrosoftのSurface Book2に接続し、2Dと3Dの映像を表示する。第3のバージョンは、企業のニーズに対応するサーマルイメージング(熱画像)に特化している。3つとも2020年12月18日より販売を開始し、2021年1月下旬より出荷開始予定だ。
    NuEyes Technologies Announces New Pro 3 Augmented Reality Smart Glass Solution

(タイトル部のImage:Photobank -stock.adobe.com)