2020年12月31日~2021年1月6日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■冠動脈疾患のわずかな兆候を自動判別するAI、FDA承認を取得

  •  狭心症や心筋梗塞といった冠動脈疾患(CAD)の兆候を自動判別するAIツール「EchoGo Pro」が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、米国で発売を開始する。ツールを開発したのは英Ultromics社。臨床医がEchoGo Proを使って冠動脈疾患を迅速に診断し、早期に適切な治療を行えるようになる。

    (出所:Ultromics社プレスリリース)

     米国では毎年80万人以上が心臓病で亡くなっており、これは全死亡者数の3分の1に上る。冠動脈疾患の罹患者は心臓病の中でも特に多く、20歳以上で1650万人以上を数える。その経済的負担は、2035年までに米国だけで7490億米ドル(約77兆円)に達すると予測されており、心エコー(心臓超音波)検査の変革が急務だ。

     冠動脈疾患の兆候の見極めは難しく、臨床医の主観的な解釈によって5人に1人の割合で誤診が発生するなど、治療に支障をきたしている。EchoGo ProのAIモデルは英オックスフォードの大規模なデータセットにより開発されたもので、疾患の判定や病気の予測など、医師の正確な診断をサポートする。治療の早期介入により、心臓発作の減少と患者ケアの改善を目指す。

     EchoGo Proはクラウドによるサービスであり、医師は専用のソフトウエアがなくても瞬時にレポートを受け取れる。心エコー図の解析をクラウドにより自動化することで、臨床医の作業時間は大きく短縮されることになる。Ultromics社の創設者兼CEOのロス・ウプトン博士は「診断にかかる時間短縮および患者ケアの改善のため、もっと医療にAIを活用し、迅速かつ自動化へ移行する必要がある」と語っている。
    Ultromics receives FDA Clearance for a first-of-kind solution in Echocardiography to help clinicians diagnose disease