2021年1月14日~2021年1月20日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■「CES2021」でハンドヘルド型鍼治療デバイスが話題

  •  中国伝統医学(TCM、東洋医学)が世界で注目を集めている。2019年、世界保健機関(WHO)により国際疾病分類(ICD)に組み入れられたTCMの市場規模は、2023年に1230億ドル(約12.7兆円)に達する見込み。欧米諸国での研究も進んでおり、中でも鍼灸治療は医師や患者からの信頼も厚く、広く取り入れられている。

    HAAS(出所:台湾ACSI社プレスリリース)

     こうした中、今年1月11月から開かれている「CES2021」で話題を集めたのが、デジタル鍼治療デバイスだ。開発したのは、AI画像処理プロバイダーである台湾ACSI社。デジタル技術を用いてツボの位置を識別し、鍼治療を行う鍼灸治療デバイス「HAAS」を発表した。

     HAASは手に持って使うハンドヘルス型の鍼灸治療器で、ビッグデータに基づくデジタルデシジョニング(決定)により、患者の症状の改善に役立つツボの位置を自動的に特定する。これにより、より安全に、より効果的に鍼治療を行うことが可能になる。自動で鍼を刺してツボを刺激することができる他、マッサージや遠赤外線照射などの機能もある。

     使い方は簡便。モバイルアプリに症状やツボを入力すると、AIシステムがユーザーの症状や要望を確認して自動的にツボを特定する。後はスマホに表示される指示に従うだけでHAASが最適なツボ刺激で身体を治療してくれる。「HAASの治療後、自己免疫機能の向上や症状の改善、回復を実感できた」という声が報告されている。
    CES 2021 Taiwanese Startup ACSI Gives New Technological Shine to Traditional Chinese Medical Treatments