2021年1月21~28日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■上腕の電気刺激で片頭痛を治療するウエアラブルデバイスがFDA承認

  •  片頭痛を治療するウエアラブルデバイス「Nerivio」が、米食品医薬品局(FDA)に承認され、12歳から使用できるようになる。スマホで操作する電気刺激を用いたニューロモデュレーション(神経調節)の治療デバイスNerivioを開発したのは、イスラエルのTheranica社。TIME誌の2019年のベスト発明品の1つにも選ばれている。Nervioは遠隔医療プロバイダーを含む医療機関からの処方箋があれば利用でき、保険が適用される。デバイスは1台につき12回まで治療が可能で、使用後はリサイクルされて新たな装置と交換される。

    Nerivio(出所:Theranica社プレスリリース)

     すべての学齢期の子供たちの10%、また15歳から19歳までの28%が片頭痛を抱えており、10代の多くが片頭痛のために学業や社会生活に支障をきたしているとされる。スマホで手軽に操作でき、腕に目立たないように装着するNerivioは、若者にとって抵抗が少ない。また、治療中の投薬が必要ないため、薬を飲みたくない人や様々な禁忌などの制限がある人も取り入れやすい治療法だ。

     Nerivioは上腕に45分間装着し、電気刺激による神経調節を利用して脳が本来もっている疼痛を変調させるメカニズムを活性化させることで、痛みを伴う片頭痛の症状を治療する。医学誌Headacheに掲載された研究によると、Nerivioを使用した思春期の参加者の71%は2時間後に痛みが軽減し、35%は完全に痛みから解放されたと回答。さらに、痛みが治まった人の90%は24時間効果が持続したという。69%は2時間後に学業や日常生活が元通りに行えるようになったと報告、重篤な副作用は報告されていない。
    FDA Approves Theranica's Nerivio® for Acute Treatment of Migraine in Adolescents