■米nVoq社などが医療機関向け音声入力ソリューションを開発

  •  米nVoq社と米Mobius MD社が提携し、新たな音声テキスト機能「Mobius Conveyor」を発表、ヘルスケア業界にクラウドの次世代型音声認識ソリューションを導入する。医師はMobius Conveyorの機能を使用し、患者の医療データを直接EHR(医療情報連携ネットワーク)へ音声で記録できるようになる。利用を開始するには、iPhoneにMobius Conveyorアプリをダウンロードし、QRコードを介してデスクトップPCに接続して情報を読み上げるだけ。音声はテキストに変換され、直接EHRに保存される。アプリはWindowsとMacOSのPCに何台でもインストール可能だ。

     nVoq社は、HIPAA法(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)に準拠したSaaS型の音声認識技術をヘルスケア業界に提供している。重点を置くのは、亜急性期医療(病状が不安定で回復期にある患者)の分野だ。nVoqのプラットフォームは医療現場で患者の医療データを収集する場面において、オフィスとモバイルの両面で医師をサポートする。高品質な文書を音声で迅速に作成し、コーディングを簡素化することで医療手続きを効率化する。
    nVoq and Mobius MD partner together to launch an exciting new option for speech-to-text technology in the Healthcare Industry

(タイトル部のImage:Photobank -stock.adobe.com)