2021年3月12日~2021年3月18日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■手術用3次元画像作成システム、カナダ7D Surgical社

  • (出所:FLASHプレスリリース)

     カナダの医療機器メーカー7D Surgical社は、ドイツとスイスで、外科手術に使う「FLASHナビゲーションシステム」の提供を始めたことを発表した。2021年1月以降、複数のユニットを医療施設に設置、これまで30件以上の脊椎手術に成功している。

     7D Surgical社のCEOボウ・スタンディッシュ氏は、「販売戦略は大成功を収めた。当社のマシンビジョン技術は、医師の支持も厚い。2021年中にヨーロッパ内外へ販売網を広げ、世界のヘルスケアコミュニティに向け、技術の可能性を広めていきたい」と意欲を見せる。

     7D Surgical社のFLASHナビゲーションシステムは、自動運転車のGPSナビゲーション技術を応用し、わずか数秒で手術ナビゲーション用の3次元画像を作成することができる。これにより、脊椎手術の時間短縮と効率化が可能となった。可視光のみを使用するため、手術中、患者や医療スタッフが放射線を浴びる心配はない。独自のカメラ技術とマシンビジョン・アルゴリズムを採用したこの画像誘導システムは、速度、正確さ、効率性はもちろんのこと、手術の進め方を合理化し大きな経済的価値をもたらすと共に、安全な手術環境も実現している。

     7D Surgical社のCRO(最高収益責任者)のブライアン・スチュアート氏は、「我々のシステムは、従来の手術の在り方を大きく変革した。不要な放射線を排除しながら手術の成功率を上げ、医療費の削減にも貢献する。この革新的な技術を世界中に広げるためにさらなる開発に力を入れたい」と話す。
    7D Surgical Accelerates Footprint of Game-Changing Machine-Vision Technology into European Market