2021年4月3~9日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■音波技術を活用して膝関節機能を改善、米ZetrOZ Systems

  • (出所:samプレスリリース)

     痛み、治療費、治療期間を減らすことで、患者、医師、保険会社をWin-Winの関係にする変形性膝関節症の治療法。それがsam(持続性音響医療)技術だ。医療機器メーカーで、持続性音響医療のパイプライン開発を手掛ける米ZetrOZ Systems社は、2014年から2020年にかけて行われた一連の研究で、同社のsam技術が変形性膝関節症患者の痛みを軽減し、関節機能を改善することが明らかになったと発表。Sam技術により、患者はより早く仕事に復帰でき、治療費も従来の半分で済むという研究結果も出ている。

     2020年、研究者らは、変形性膝関節症による中等度〜重度の痛みを持つ患者32人の持続性音響医療と超音波ゲルを用いた治療を行った。Open Orthopaedics誌に掲載されたこの研究によると、1日4時間、1週間の治療を続けたすべての患者の痛みが50~70%減少したという。また、2018年の二重盲検プラセボ対照臨床研究によると、変形性膝関節症の患者90人が、6週間にわたり4時間の持続的な音響医療を受けた結果、プラセボのみの治療を受けた患者に比べて痛みが半分に軽減され、機能が約2倍改善したという。

     ほかにも、2014年と2015年の研究で、SAM治療によって変形性膝関節症の痛みがプラセボに比べて50%軽減し、可動性が20%改善されたことが明らかになっている。研究者らは、「Sustained Acoustic Medicineと1%のジクロフェナク外用薬を併用することで、中等度〜重度の変形性関節症による膝の痛みを持つ患者の痛みが急速に改善し、機能が改善した」と述べている。

     また、ZetrOZ SAM装置による治療費は、4週間で4,400ドル(約48万円)と、他の超音波治療の半分の費用で済む。Institute for Clinical and Economic Reviewによる別の研究でも、SAM治療によって治療にかかる全体コストが平均2万7千ドル(約300万円)少なく済み、治療時間を短縮することが明らかになっている。

     ZetrOZ Systemsと、長時間持続型超音波治療法であるsamの詳細についてはhttp://www.zetroz.comを参照。
    Clinical Studies Find sam® Developed by ZetrOZ Systems Effectively Treats Osteoarthritis

■リージェント台北が手がける2泊3日のヘルシーバケーションとは

  • (出所:Taipeiプレスリリース)

     新型コロナウイルスの流行で、「健康」は誰もが日常的に話し合うテーマとなった。台湾でパンデミックが収束しつつある中、シルクスホテルグループのリージェント台北は「Staying Fit on Vacation」をスローガンに掲げ、ゲストにゆったりと時間を過ごしてもらい、心身の健康を維持することを目指す、豪華なダイニングやプライベートフィットネスサービスを備えた宿泊プランを用意している。

     リージェント台北は、世界的なフィットネスブランドであるJOHNSONとコラボレーションして「Magic Mirror Fitness Journey」というルームパッケージを発売する。5,800台湾ドル(約2万2千円)で豪華なペントハウスに宿泊でき、新しいスマートテクノロジーであるJohnson@Mirrorを無制限に利用できる。ゲストはプライベートなトレーニング空間で、500以上のプログラムの中から自分に合ったフィットネスプログラムを最大24時間利用することができ、翌朝はCNN認定のレストラン「Brasserie」で豪華な朝食ビュッフェを楽しめる。在宅フィットネスはCOVID時代に生まれた新しいライフスタイルであり、Johnson@Mirrorは休暇中にフィットネスの習慣を維持したい人のニーズにも応えている。

     また、リージェント台北は有名なヨガインストラクターと漢方医を招く「A Meridian Tour - When Yoga Meets Chinese Remedies」というルームパッケージも発売している。一人16,800台湾ドル(約65,000円)から利用可能で、リージェント台北の豪華な客室で2泊3日の宿泊、2人のインストラクターによるメリディアン(経絡)ヨガレッスン、タイパンラウンジの特典に加え、5年連続ワールド・スパ・アワードを受賞したWellspring SPAのトリートメントが30%割引になる。

     経絡ヨガは、中国医学のエッセンスとヨガのポーズを組み合わせたヨガで、気血の流れを助け、全身のツボに刺激を与えることで、体の自然な循環を助け、心体のバランスを保つことで知られている。またオプションとして、タイパンラウンジでは心身のデトックスに役立つグリーンスムージーなどの健康的な食事・飲み物を用意している。

     ほかにも、リージェント台北は有機緑黄色野菜、根菜、新鮮な果物、種など、栄養価の高い高繊維・低カロリーの食物を使用する、伝統的な地中海式ダイエットに由来する「Salad Bar to Drink」を導入した。Galleryでは、栄養価が高く健康的なグリーンスムージー4種(ほうれん草ケール、ビーツパイナップル、アボカドとコーン大麦、サツマイモとオレンジとトマト)も用意している。栄養が詰まったおいしいスムージーで、心と体を補給してはいかがだろうか。
    Regent Taipei Launches "Magic Mirror Fitness Journey" Room Package for the Body and Soul's Wellbeing E

■接着剤による手首の骨折治療、NIHより200万ドルの助成金を獲得

  • (出所:Tetraniteプレスリリース)

     米RevBio社が、米国立衛生研究所(NIH)傘下の国立老化研究所(NIA)より、2年間で総額200万ドル(約2億2千万円)に上るフェーズ2中小企業革新研究プログラム(SBIR)助成金を獲得したと発表した。この助成金により、同社は特許取得済みの骨接着剤技術「Tetranite」を用い、手首の骨折治療を目指す。CEOのブライアン・ヘス氏は「世界初の再生可能な骨接着剤で、骨折の治療法が変革する」と語る。

     手首の橈骨(とうこつ)と呼ばれる骨の骨折は、最も症例が多い外科的損傷部位の一つだ。毎年米国で67万5千人以上が橈骨遠位端骨折を患っている。患者は通常、外付けのギプスを使用するか、金属製のプレートやネジを取り付けて患部を固定する手術を受ける。しかし、ギプスを装着した患者は手首の可動域が狭くなる上、手術を受けた患者は金属プレートやネジが腱と擦れて炎症を起こし、激しい痛みを感じることがある。高齢で骨粗鬆症の患者の中には、ネジが外れてしまい、痛みが増して治癒が進まないこともある。Tetraniteは注射剤であるため、患者の皮膚を少し切開するだけで材料を投与でき、通常の手術よりも負担の少ない治療法となると期待される。

     ハーバード大学医学部整形外科のHansjorg Wyss AO教授であり、手・上肢の専門家としてマサチューセッツ総合病院に勤務するジェス・ジュピター博士は、「圧迫骨折の治療では、多くの合併症が起こり得る。手首の骨折を皮膚の外側から安全に治療できるようになれば、骨折の治療方法は大きく改善するだろう」と期待を示す。
    RevBio Receives a $2 Million NIH Grant to Pursue the Treatment of Wrist Fractures with Its Innovative Bone Adhesive Technology

(タイトル部のImage:Photobank -stock.adobe.com)