2021年4月10~16日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■床ずれ予防ウエアラブル、患者の床ずれが73%減少

  • (LEAF。出所:Smith+Nephewプレスリリース)
    (LEAF。出所:Smith+Nephewプレスリリース)
    [画像のクリックで別ページへ]

     世界的な医療機器メーカーである英Smith+Nephew社が開発した「LEAFワイヤレス患者モニタリングシステム」は、患者の動きを監視し、床ずれを予防するウエアラブルデバイスだ。2014年に米国で導入されて以来、LEAFがモニタリングした患者は6万人以上、時間は700万時間以上に上る。患者のケアの改善と治療コストの削減に貢献してきた。

     床ずれは、ベッドの上において、体の向きの変更が十分でないことにより起こる皮膚障害だ。特に骨の隆起部分に長時間圧力がかかると、組織を圧迫し、血流を妨げるため、局所的な組織損傷が起こりやすい。LEAFシステムは、患者が姿勢を変える頻度や角度、組織の回復時間を測定し、床ずれを防ぐ。導入施設では、患者が体位を変える遵守率は98%に向上したという結果も出ており、効果の高さが実証されている。

     米国では近年、院内疾患の発生率が減少する一方、床ずれの発生率が増え、関連コストが平均2万ドル以上(約220万円)増分したと言われている。臨床試験によれば、LEAFシステムを使用した場合の床ずれの減少率は73%。同システムを全国拡大できれば、最大で390億ドル(約4.2兆円)のコスト削減につながる可能性があるとされる。さらに別の研究でも、同システムの導入は、看護師の負担を減らしワークフローを改善、病院の圧迫傷害の治療費やベッドのレンタル費用の節約につながることが示唆されている。

     Smith+Nephew社の社長サイモン・フレイサー氏は「LEAFシステムは患者の床ずれを予防し、医療システムに高い経済効果をもたらす技術である」と紹介する。同社は、この他にも多様な圧迫傷害向け予防製品を用意している。無傷の皮膚を保護する「ALLEVYN LIFE Dressings」、皮膚の衛生状態を維持する「SECURAシリーズ」のスキンケア製品などがある。

     LEAFモニタリングシステムの詳細については、sn-leaf.comを参照。
    Seven million hours of patient data shows that Smith+Nephew's wireless, wearable LEAF™ Patient Monitoring System helps prevent hospital-acquired pressure injuries