2021年5月15日~21日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■韓国CUREXO社の歩行リハビリロボット、欧州CE認証を取得

  • (The Morning Walk。出所:韓国CUREXO社プレスリリース)

     韓国の医療用ロボット企業、CUREXO社が開発した次世代歩行リハビリロボット「Morning Walk S200」が、欧州CE認証(EU加盟国の基準を満たす適合証明)を取得した。これによりEU28カ国、EFTA3カ国、EU候補国や中立国へ展開が可能となった。2月の韓国MFDS、米国FDAに続き、3つ目の認証で、最近韓国では2つの国家プロジェクト契約を取得している。

     Morning Walkは、子供から大人まで誰でも使用できる歩行リハビリロボットだ。韓国の16のリハビリ病院で使用されている。脳梗塞、脊髄損傷、パーキンソン病、末梢神経疾患、人工膝関節患者などに対する安定性と有用性は、多くの研究論文で証明されている。

     SCI誌(臨床リハビリ、2019年、第33号)に掲載された論文には、58人の脳卒中患者を対象に行ったMorning Walkの評価調査が発表されている。調査結果によると、下肢の筋力を示す指標である「モトリシティ・インデックス」と、患者のバランス能力を評価する「バージ・バランス・スケール」に、それぞれ69.8%と49%の改善がみられたという。

     PLOS ONE誌(2020年、第15号)に掲載された、人工関節手術を受けた患者がMorning Walkを使って行った5日間のリハビリ実験に関する論文によると、他の医療用歩行器と比較して、Morning Walkを使用した患者は2.65倍の筋力成長率を示している。

     ニューロリハビリテーション専門誌「Brain & NeuroRehabilitation、2020年、第13号」の論文には、脳梗塞患者100人、脊髄損傷患者40人、パーキンソン病患者8人、末梢神経疾患患者22人の合計189人を対象とした研究結果が掲載されている。MRC(英医学研究審議会による筋力評価)とFAC(マサチューセッツ総合病院で開発された歩行能力の臨床評価指標)の両方で、筋力と歩行能力に有意な改善がみられた。

     CUREXO社のCEOであるジジュン・リー氏は「Morning Walkが欧州のリハビリ市場へ進出できて嬉しい。強みは、安定性と効果の高さだ」と述べる。今後は、先進医療市場でのビジネスを展開する予定だ。
    'Morning Walk S200', CUREXO's walking rehabilitation robot, has acquired European CE certification