■米One Drop社、糖尿病患者の血糖値予測AI分析エンジンがCE認証

  • (出所:One Drop社プレスリリース)
    (出所:One Drop社プレスリリース)
    [画像のクリックで別ページへ]

     慢性疾患患者向け精密医療機器のリーダーである米One Drop社が開発した、糖尿病予備軍、2型糖尿病、妊娠糖尿病の患者の最大8時間後の血糖値を「予測」する血糖値予測分析エンジンがCEマークを取得した。品質管理、安全性、性能においてEU基準を満たし、血糖値予測の正確性が認証された。One Drop社は、糖尿病予備軍、2型糖尿病、妊娠糖尿病患者の血糖値を予測する、最初で唯一の企業となる。

     One Drop社は、2018年に初めてグルコース値の予測を導入した。デジタル会員になると、運動、食事、ライフスタイルのリアルタイムアドバイスとグルコース値の予測を利用できる。他のデジタルヘルスソリューションと異なり、One Drop社では、AIを用いたデータを提供している。食品、運動、血糖値に関する新たな情報が得られるたびに、One Dropアプリに血糖値の予測と行動に関するアドバイスが表示される。デジタル会員は、One Dropアプリ(iOSとAndroid対応)を利用し、認定医師による1対1のコーチング、双方向教育コンテンツ、健康データの記録ツールにアクセスすることができる。

     One Drop会員に実施したアンケートによると、94%が「血糖値の予測が役に立った」と回答。血糖値の予測は、日々の行動に結びつけて健康的な意思決定に生かされ、医師から受けるサポートは、継続的ガイダンスとして利用できる。AIを搭載したアルゴリズムは、フィンガースティックを使った検査に比べ大幅な労力削減になると同時に、保険会社、雇用者、医師のコスト削減も目指す。

     One Drop社のデータサイエンス担当、シニアバイスプレジデントのダン・ゴールドナー氏は、「AIソリューションが成功するには、膨大なデータが必要だ。One Dropは創業時からデータ収集に投資しており、現在、競合他社のデータ資産は当社の1%にも達していない」と自信を見せる。

     One Drop社の予測型健康プラットフォームは、2016年から消費者、雇用者、保険会社、医療機関に提供。現在まで195カ国、数百万人のユーザーから、75種類のバイオマーカーを含む約250億件の健康データを集めている。One Dropアプリは、手入力データや接続先の医療機器(One Dropメーターなど)から得られるデータに加え、HealthKit、GoogleFit、Dexcom、Fitbit、Apple Watch、Companion Medicalとの直接連携により、グルコース、体重、血圧、食事、薬、身体活動に関する情報を収集している。現在、会員1人当たり1日何千もの新しいデータポイントを生成する「マルチアナリティクス経皮センサー」を開発中で、こうした膨大かつ多様なデータの活用が、長期予後予測を可能にする独自の機械学習アルゴリズムの進化を支えている。

     One Dropの製品とサービスは、受賞歴のあるOne Dropアプリ(iOSおよびAndroid)や、https://onedrop.today、Walmart、Amazon、BestBuy、Apple Store、CVSで購入可能だ。
    One Drop Receives CE Mark For AI-Powered Blood Glucose Forecasts