■米SoftWave TRT社の疼痛治療「OrthGold 100」、FDA承認

  • (出所:SoftWave社プレスリリース)
    (出所:SoftWave社プレスリリース)
    [画像のクリックで別ページへ]

     米SoftWave Tissue Regeneration Technologies社の特許済、体外衝撃波(ショックウェーブ)装置「OrthoGold 100」がFDA認証を取得した。局所的な血液循環を促進させながら軽度の痛みを緩和し、結合組織を活性化する効果が承認された。

     関節炎は、米国の成人に最も多く見られる疾患だ。CDCによると、成人の5人に1人が慢性的な痛みを抱えており、米国では成人の20.4%が慢性的な痛み(少なくとも過去6カ月間、ほぼ毎日感じる痛み)を抱えているという。高齢者や女性に多く見られ、慢性的な痛みを持つ人の8%(1960万人)は、日常生活や仕事に支障をきたしている。米国人の80%が生涯に一度腰痛を経験しており、コストは年間500億ドル(約5.4兆円)と推定される。

     OrthoGold 100は、筋肉や関節の痛みに対処する新たな治療法だ。特許技術の非集束体外衝撃波(uESWT)を使用して物理的・生物学的な反応を促進し、治癒力を向上させる。uESWTは、免疫細胞に影響を与え、間葉系幹細胞の刺激や再生・治癒に関連する因子の放出など、抗炎症作用があり、痛みの信号伝達に直接介入し、短期的および長期的な鎮痛効果があるとされる。同装置の利点の一つは、一時的に急性の痛みを和らげ、再生と治癒によって原因を解消することで症状を長期的に緩和すること。非侵襲的な施術であり、麻酔や麻痺剤を必要としないため、患者の負担も軽い。腱鞘炎、滑液包炎、関節炎などの一般的な症状に効果があるという。

     SoftWave TRT社のCEOジョン・ウォーリック氏は、「本製品は疼痛治療を革新する可能性がある。特許を増やし、今後の規制当局承認に繋がるパイプラインを構築するために、最高の衝撃波技術を提供し、成長する医療分野の技術リーダーとなることを目指す」と述べる。

     SoftWave TRT社は既に、成人の表面性・中間層熱傷、糖尿病性足潰瘍(DFU)の治療においてFDA認可を受けている。
    SoftWave Tissue Regeneration Technologies Receives FDA Clearance for Blood Circulation Increase, Minor Aches and Pains Relief and Connective Tissue Activation

(タイトル部のImage:Photobank -stock.adobe.com)