2021年5月22~28日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■エンドルフィンの分泌を促すブレスレット型デバイス、仏Remedee Labs社

  • (出所:Remedeeプレスリリース)
    (出所:Remedeeプレスリリース)
    [画像のクリックで拡大表示]

     2016年に創立されたフランスのヘルステックスタートアップ企業Remedee Labs社が、個別慢性疼痛管理を変革する「エンドルフィン刺激デバイス」を設計・開発した。「エンドルフィン」は脳内で機能する神経伝達物質のひとつ。内在性オピオイドであり、モルヒネ同様の作用や多幸感をもたらす物質として知られる。

     このブレスレット型のデバイスは、ミリ波を発する世界初と言われる小型モジュールを搭載し、患者の手首の内側に装着して超高周波の電子信号を使って皮下の受容体(皮膚の0.5mm内側)を正確に刺激する仕組み。装置が無痛の神経刺激を発信すると、患者の脳が反応してエンドルフィンを分泌し、痛みを急速に緩和するとともに、幸福感が得られるというものだ。本技術は、強力なパートナー(フランス原子力・代替エネルギー庁の付属機関であるCEA-Letiおよびスイスの半導体製造・販売企業ST Microelectronics社)と共に10年に渡り前臨床・臨床研究を行った上、特許済のMEET(Microelectric Endorphin Trigger)モジュールに基づいて開発されたもの。当初は線維筋痛症患者の治療に焦点を当てつつ、将来的には他の慢性疼痛患者にもプラットフォームの提供を拡大する予定だ。

     世界では15億人が慢性的な痛みに苦しんでおり、そのうち50%は満足のいく治療法を見つけられず、日常生活や社会生活、仕事に支障をきたしていると言われる。中でも線維筋痛症は、健康的な生活のあらゆる側面に影響が及ぶ慢性疾患だ。現在の治療法の効果は一定でなく、費用も高く、副作用を伴うことも少なくない。Remedee Labs社の技術は繊維筋痛症に苦しむ患者のストレスを軽減し、睡眠を改善することが実証されており、今後線維筋痛症に関する多施設共同研究も計画されている。

     同社は線維筋痛症だけでなく、子宮内膜症や偏頭痛、変形性関節症、がん性疼痛など、満足な治療法がない疾患に対してデバイスで治療を行う臨床試験も開始しており、エンドルフィン刺激が様々な病態の痛みを軽減する効果が期待される。
    Gilles Litman, former VP of Digital Health at Sanofi, joins Remedee Labs to accelerate global launch of breakthrough digital health platform focused on chronic pain management

■コンタクトレンズなどの自動フィッティング技術、米国で特許出願

  • (出所:Innovegaプレスリリース)
    (出所:Innovegaプレスリリース)
    [画像のクリックで拡大表示]

     高解像度パノラマビューを備える、スタイリッシュかつ軽量なウェアラブルディスプレイを医療用に開発する米Innovega社が、このほど新たに特許を4つ出願した。特許は眼科医がコンタクトレンズとAR(拡張現実)・VR(仮想現実)ディスプレイ搭載メガネを、患者に自動的に処方することを可能にするシステムに関するもの。この新たな自動画像検出・計測技術により、眼科医が効率的かつ安定的にアイウェアを処方することが可能となり、処方時間の大幅な短縮となる。

     現在、米国人の50%以上が良好な視界を得るために処方箋が必要なレンズを必要とし、11%以上がコンタクトレンズを装用していると言われる。Innovega社の共同設立者であり発明責任者であるジェローム・レガートン博士は、「今後AR・VRメガネの多くが、視力矯正ライセンスを持った眼科医療専門家によって処方されるようになるだろう。自動フィッティング技術により、患者は当社のiOptikコンタクトレンズやディスプレイ用アイウェアをすぐに処方してもらえるようになる」と期待を滲ませる。

     Innovega社は、740億ドル(約8兆円)規模の世界的なビジョンケア市場において視覚障害者の画像補正に焦点を当て、ライセンスを取得してきた。現在米国のiOptikコンタクトレンズのFDA(米国食品医薬品局)認可に向け臨床開発を進めており、欧州での商業化に向け、CEマーク申請中だ。同社は、米国国防総省高等研究計画局(DARPA)、米国国立衛生研究所(NIH)、米国科学財団(NSF)からの支援に加え、戦略的パートナーから投資も集めている。
    Innovega Files Patent Applications for Automated Contact Lens and AR/VR Display Eyewear Fitting

■最新ゲル技術を用いた次世代乳房インプラント「PERLE」が欧州で発売開始

  • (出所:PERLEプレスリリース)
    (出所:PERLEプレスリリース)
    [画像のクリックで拡大表示]

     アイルランドのGC Aesthetics社(以下GCA社)が、次世代乳房インプラント「PERLE」を発表した。GCA社は患者が自信を持って人生を歩めるよう独自の美容製品を開発、製造、販売する世界的な医療テクノロジー企業。創業40年、メディカルエステティックを発展させ、豊胸手術や乳房再建手術用の高品質な乳房インプラントの開発に専念してきた。

     PERLEはGCA社独自の表面技術(BioQ)と業界トップのゲル技術(Emunomic Breast Tissue Dynamic Gel)に加え、より安全性を強化した革新的な乳房インプラントだ。10年間に渡る臨床データ、安全性と長期的な取り組み、献身的な顧客対応が実を結んだ。

     GCA社の最高経営責任者であるカルロス・レイス・ピント氏は「PERLEは、GCAが世界中の外科医と共に培ってきた経験、知識、ノウハウの賜物。PERLEに対する市場のフィードバックも好意的だ。GCAチーム一同、世界中の女性の生活を向上させることに尽力する」と語る。

     GCA社は、業界リーダーとして幅広い製品ラインを提供している。あらゆる種類の素材、中身、サイズを取り揃え、審美的用途・再建用途の両方において、患者と外科医のあらゆるニーズに対応する。GCA社は、過去10年間の間に70カ国で、300万個以上の乳房インプラント製品を提供している。PERLEは最初に欧州で発売し、今後数ヶ月以内にさらに広い市場へ展開予定だ。
    GC Aesthetics® Launches Next Generation Of Breast Implants

(タイトル部のImage:Photobank -stock.adobe.com)