2021年5月29日~6月4日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■低価格で非侵襲的な脳活動スキャンデバイス、米FieldLine社

  • HEDscan(出所:米FieldLine社プレスリリース)

     健康な脳と病気の脳の機能は、どのように変化するのか。最先端の研究を支援する米国スタートアップ企業FieldLine社は、脳の研究者向けに、手頃で使い易い高機能ポータブルスキャンデバイス「HEDscan」の提供を開始する。このキャップ型の脳神経イメージングデバイスは、極低温を使用しない脳磁場計測装置(MDG)を応用したもの。独自の微細加工技術による128個の完全同期型量子磁気センサーを活用し、被験者の脳活動の3次元動画を作成する。研究者や臨床医は今後、このHEDscanで収集したデータを、アルツハイマー病やPTSDなど、様々な精神疾患の研究・診断に活用できる。

     HEDscanセンサーキャップは非侵襲的であり、軽量で装着も容易。脳の内部構造を高解像度で視覚的に確認できる。キャップは様々な頭のサイズに対応可能だ。従来のMEG装置と異なり、被験者は測定中に自由に動き回ることもできる。医療施設や部屋の種類などは問わずに設置できるため、建物の改造も特に必要ない。従来のMEG技術と比べ、HEDscanの信号雑音比(S/N比)が改善されたことも明らかになっている。

     2017年にFieldLine社を共同設立したジェラミー・ヒューズ氏は、「脳の研究・治療ツールとして、非低温MEGが初めて神経科学市場に登場する。HEDscanは、幅広い被験者を対象とした脳機能イメージングを手頃な価格帯で実現する。精神疾患が与える脳への影響について、より広範な研究が可能になるだろう」と期待を寄せる。

     現在、神経科学研究者からHEDscanの注文を受け付けている。装置、キャップ、ユーザーソフトウエアとともにポータブル磁気シールドも販売中だ。

    FieldLine Launches HEDscan™, a Next-Generation Device for Non-Invasive Functional Brain Imaging