2021年6月5~11日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■睡眠時無呼吸を改善する新タイプのスリープテックデバイス、SLEEP 2021で発表

  • (出所:米ProSomnus Sleep Technologies社プレスリリース)

     6月10日~13日、米国睡眠学会(AASM)および睡眠研究学会(SRS)の合同会議であるAPSS (Associated Professional Sleep Societies)の第35回年次総会「SLEEP 2021」がバーチャルで開催される。今回SLEEP 2021のeポスターに「プライムタイムの治療法」というタイトルで大々的に紹介されるのが、米ProSomnus Sleep Technologies社の新スリープテックデバイス「ProSomnus EVO」だ。

     ProSomnus EVOは、睡眠時無呼吸症の治療に、先進的な素材、製造ロボット、AIを取り入れた初の「オーラルアプライアンス(精密口腔内装置)だ。この装置の使用が、睡眠時無呼吸症治療の成功に大きく影響することを示す研究が発表される。

     研究では、37人の患者のRERA(呼吸努力関連覚醒反応)が55%減少したことから、患者の上気道抵抗気流の減少を確認し、オーラルアプライアンスセラピーが上気道に大きく影響することが示された。さらには、この装置が軽・中等・重度の全ての睡眠時無呼吸症患者の治療に有効であることが実証された。

     ProSomnus EVOは、洗浄のしやすさや強度を損なうことなく、快適で装着しやすい設計だ。治験審査委員会(IRB)の嗜好性を調べる調査では、幅広い患者が様々な比較対象の機器を使用したところ、CPAP(シーパップ:経鼻的持続陽圧呼吸療法)やソフトライナーなどの他の口腔内装置と比較し、96%の患者がProSomnus EVOを使いたい、と回答した。その秘密は、医師も認める、医療グレードの新素材にあるという。

     ProSomnus Sleep Technologies社のCEO兼共同創立者であるレン・リプタク氏は「当社は閉塞性睡眠時無呼吸症候群の治療に使用するオーラルアプライアンスの性能を調査する研究を支援している。従来の口腔内装置とは比較にならないほど高い品質を備え、治療の安全性・有効性・経済性を大きく向上させることを実証したい」と期待を語る。
    ProSomnus® Sleep Technologies Showcased in Key Poster Abstracts at the SLEEP 2021 Meeting