2021年6月12~18日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■米Success TMS社、新たなうつ病治療法の拠点を拡大

  • (出所:米Success TMS社プレスリリース)

     新たなうつ病の治療法「経頭蓋磁気刺激(TMS)」を提供する米Success TMS社が、米国内のうつ病治療センターの拠点を拡大する。TMSは薬物療法に代わるとの期待もある話題の治療法で、うつ病の原因となる脳の領域を刺激して治療を行う。薬物を使用しないことから、副作用の心配はない。薬物療法より効果的なケースもあるとされ、多くのうつ病患者の選択肢になってきた。

     創立後3年でFDA承認を取得したSuccess TMSのTMSは、多くの大手保険会社にカバーされるようになってきた。同社は、現在フロリダ州やイリノイ州をはじめ6つの州に32の事務所を持ち、国内で2番目に大きなTMSプロバイダーとして急成長中だ。

     同社の創業者であるジョナサン・ミッシェル氏は、妹をうつ病で亡くしたことをきっかけにTMSを立ち上げ、困難な症状に悩む人の支援に人生を捧げてきた。同氏は「メンタルヘルスは人によって症状が異なるにも関わらず、特にうつ病治療では薬の服用がベストな治療法とされてきた。処方薬や電気けいれん療法(ECT)といった以外の選択肢として、TMS技術の利点と成果を明確に示していきたい」と語る。同社の使命は「うつ病治療に対する認識を広め、偏見をなくすこと」だ。

     TMSの治療は、1回約20分のセッションを8週間行う。TMSの活用により、既に何千人もの患者が薬物や他のリスクを伴う治療の副作用に苦しむことなく病気を克服し、人生を取り戻している。Success TMS社の事務所の詳細はこちら:www.successtms.com
    Success TMS Turns Tragedy Into Hope For Those Struggling With Depression