2021年6月19~25日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■1回の血液サンプルから命の残り時間を予測、アイスランドdeCODE genetics社

  • (出所:deCODE genetics社プレスリリース)

     米Amgen社の子会社deCODE genetics社の研究者らが、Communications Biology誌に掲載された論文の中で、血液中のたんぱく質データを用いて人の寿命を正確に予測する方法を開発したと発表した。deCODE社はアイスランドのレイキャビクを拠点に、ヒトゲノムの研究・解析において世界をリードする企業だ。独自のヒト遺伝子解析技術に加え、トランスクリプトミクスやプロテオミクス、膨大なデータを駆使し、数十種類の疾患の危険因子を発見し、発症メカニズムに関する重要な知見を提供している。

     研究者らは、2万2913人のアイスランド人(うち、調査中に7061人が死亡)を対象に約5000件の血液中のたんぱく質データを収集し、これまで使われてきた危険因子に基づく予測よりも優れた方法で、「人の命の残り時間」を正確に予測する技術を開発した。この予測法を使うと、60歳〜80歳のグループの中で最も高リスクの5%の層(10年以内に88%の人が死亡)と、最も低リスクの5%の層(10年以内に1%の人が死亡)を特定することができる。

     科学者らは個々のたんぱく質と死亡率の関連を調査し、ほとんどの死因に対し、類似したたんぱく質プロファイルがあることを発見した。中でも、以前から死亡率や老化との関連が指摘されていた成長・分化因子15(GDF15)が、死亡率を予測する重要な因子であることがわかった。また、短期間で死亡するリスクが高いと予測された人はリスクの低い人に比べて平均して握力が弱く、運動耐容能テストと認知機能テストの成績も悪いことがわかった。

     論文の最終著者であるカリ・ステファンソン氏は、「優れた方法であるとともに、恐ろしさもある。人の健康状態は血漿プロテオームに反映されるため、一人につきたった1つの血液サンプルを使うだけで、大規模なグループを簡単に比較することが可能となる。これは、臨床試験における治療効果を推定するのに役立つだろう」と説明する。
    deCODE genetics: Predicting the probability of death