2021年7月24日~30日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■月経周期に着目した女性本来の力を引き出すエクササイズ、米P.volve社

  • (出所:米P.volve社プレスリリース)

     ダイナミックなフィットネスプログラムの提供で知られる米P.volve社が、女性向けヘルス&ウェルネスプログラム「Phase&Function」を発表した。本プログラムは、4つのホルモン周期である月経期、卵胞期、排卵期、黄体期に適した「心」を持ち、「運動」や「食事」を行ったりすることで、女性が本来持っている力を引き出すアプローチを取る。女性の身体が内外からベストな状態になるための情報やアイデアを提供し、PMS(月経前症候群)やPMDD(月経前不快気分障害)などを防ぎ、従来の月経管理に革命を起こす。

     Phase&Functionは、臨床的な裏付けがあるプログラムだ。P.volve社のクリニカルアドバイザリーで経営メンバーであるスマン・テワリ医学博士(産婦人科医、認定栄養士)を始めとして、NASM(全米スポーツ医学アカデミー)認定トレーナーや統合栄養ヘルスコーチ、ヨガやピラティスの専門家などが指導する。プログラム開始から1カ月間、ユーザーは自分としっかり向き合いながら、次の月経サイクルで身体の内から力が湧いてくる感覚を体験できる。

     テワリ医学博士は、医療分野と機能的医療において20年以上の経験を持つ。「このプログラムでは、毎月のホルモンサイクルの変動を利用しつつ、キャリアや人間関係等といった外的要因に対する最善のアプローチを学ぶことができる。『心』を中心に置き、ホルモンサイクルに合わせた運動を行うことで、身体のエネルギーと力を最適化していく」と説明する。

     プログラムの内容を見てみよう。「サイクルトラッキングシステム」は、生理期間や周期、最終生理日を入力することで、最適なプランをカスタマイズしてくれる。

     「エクササイズプラン」では、4つのホルモン周期に合わせた運動、食事、心のケアに関する個別化プランを提供。ストレングス&スカルプト、カーディオバーン、リカバリー&ストレッチなど様々なエクササイズが用意されている。さらに「栄養プラン」では、4つのフェーズに最適な食材とレシピを提案。ホルモン状態に合った、適切な栄養を補給することができる。

     またこの他、専門家による教育プログラムもある。産婦人科医や栄養士、ヘルスコーチやトレーナー等で構成されるP.volve社の専門家チームが、本人の身体をより深く理解し、PMSやPMDDの症状を最小限に抑える方法を提案してくれる。PCやモバイルで参加できるオンラインの「ライブQ&Aセッション」も実施している。詳しくはwww.pvolve.comを参照されたい。

     P.volve社の共同設立者であるレイチェル・カッツマン氏は今回の開発プロジェクトについて、「勇敢で優秀な女性陣と共にPhase &Functionを開発できたことは特筆すべきキャリアだ。素晴らしいコミュニティで研究を重ねたことにより、女性の身体の再学習と最適化が可能になり、より健康に導くプログラムを開発することができた」と振り返った。

     ニューヨークに本社を置くP.volve社は、これまでも骨盤底筋の強化や産前産後の運動プログラムで成功を収め、女性のウェルネス分野をリードしてきた。今回発表されたPhase&Functionは、一連のプログラムを補完する位置づけになっている。
    P.volve Launches a First to Market Clinically Backed Program Revolutionizing Women's Wellness Through Nutrition and Exercise Tied to Menstrual Phases