2021年7月31日~8月6日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■会話型AIで医療従事者と患者の会話を自動サポート、米WELL Health社

  • (出所:米WELL Health社プレスリリース)

     患者とのコミュニケーションにおけるSaaS型デジタルヘルスのリーダーである米Well Health社が、医療従事者と患者の会話を自動でサポートする「ChatAssist AI」を発表した。ChatAssist AIは患者と医療従事者の間で交わされる何千もの会話を自動化することで顧客体験を向上させ、スタッフの対応時間を大幅に節約する。

     ChatAssist AIは自然言語理解機能とヘルスケアに特化したユースケース機能を用い、何百万もの患者の回答を理解し対応する。患者は自国の言語(英語やスペイン語)と好みのチャネルを選び、リアルタイムで回答を受け取ることができる。人間の介入が必要な場合は引き継ぎ可能だ。コンテンツライブラリにChatAssist AIの会話で利用可能なテンプレートが用意されており、医療従事者はワンクリックで会話の続きを展開することができる。また、Connect APIによりChatAssist AIの会話の中から関連するデータをEHR(電子健康記録)などの他のデジタルシステムに独自に取り込むこともでき、分析機能で会話のパフォーマンスや業務への影響を継続的に監視することもできる。

     NPO医療機関Sansum Clinicは、カリフォルニア州セントラルコーストの23の拠点で13万人の患者に6カ月にわたって試験的にサービスを提供し、その結果95%の会話をスタッフの介入なしに完了し、合計546時間のスタッフの時間が節約されたという。

     WELL Health社のコミュニケーション技術はコロナウイルスのワクチンが米国で利用可能になって以来、主要な医療機関で利用されており、約700万人のワクチンの予約を行ってきた。WELL Health社のCEO兼創設者であるギヨーム・ジレック氏は「プロバイダーからの迅速な応答により患者の満足度が向上し、スタッフはより丁寧で人間らしい対応を求められる業務にもっと時間を費やすことができる」と述べる。
    ChatAssist AIの詳細はwww.wellapp.com/chatassist-aiを参照。
    WELL Health Launches ChatAssist AI: Enabling Conversational AI Between Patients and Healthcare Providers