2021年10月2日~8日に海外の企業・大学・研究機関・米食品医薬品局(FDA)などが配信したプレスリリースの中から、注目のニュースをピックアップしました。

■尿で健康チェック「家庭用トイレ光センサー」、イスラエルOlive Diagnostics社

  • (出所:イスラエルOlive Diagnostics社HPより)
    (出所:イスラエルOlive Diagnostics社HPより)
    [画像のクリックで別ページへ]

     自宅のトイレで日常的に健康状態をチェックできる尿分析光学センサー「Olive KG」を開発したイスラエルのOlive Diagnostics社は、このほど、製品発売に向け、イスラエルの世界最大級非営利HMO(健康維持機構)であるMaccabi財団主導の資金調達ラウンドを開始する。

     「Olive KG」はどんなトイレにも簡単に取り付けられ、日々の尿検査で自分の健康状態を把握・管理できる非侵襲的な新装置として、医療分野から高い注目を集めている。高度なスペクトロスコピー(対象物が透過・反射・吸収する光を波長に分割し、対象物中の成分を定性・定量分析する手法)とAIを組み合わせて尿の健康データをリアルタイムに分析し、尿の中に存在する様々な健康阻害物質や生命を脅かす物質などを検出する。

     2021年末までに高齢者施設や女性クリニックに導入し、その後世界の介護施設や個人宅への拡大を目指す。市場は健康状態を正しく把握したいと考える全てのトイレ利用者だ。創業者兼CEOのガイ・ゴールドマン氏は、「目標は、世界中の高齢者施設に当社のデバイスを備えつけること。ユーザーがトイレを使用する度に、膨大な量のデータをシームレスに収集できる。当社は、家庭における遠隔モニタリングをデジタル化し、尿に含まれるバイオマーカーを継続的に検出することで、慢性疾患をより適切に管理するためのサポートを提供する。投資家の期待にしっかりと応えたい」と述べる。

     尿に含まれるデータ(生化学、ミネラル、ビタミン、pHなど)は健康管理に不可欠であり、医療診断の中心的な役割を果たす。本ソリューションは病気の早期発見と早期介入を強化し、高騰する医療費の削減やユーザーの生活の質の向上に貢献すると期待される。

     イスラエルのデジタルヘルス分野の投資会社eHealth Ventrues社のCMOであるジョセフ・ローゼンブラム博士は、「同製品によってもたらされる革新と可能性は無限だ。尿から得られる膨大な情報を考えれば、これが大きな機会となることは明らか。Olive社の洗練された技術は、動いている尿を瞬時に分子レベルで検出できる点が革新的。これまでのコップと紙を使う煩わしい検査は、もはや時代遅れとなるだろう」と述べる。
    Urine Analysis Enters Golden Era With World's First Hands Free Optical Sensor For The Toilet Targeting Early Detection Of Disease In The Elderly And Even Pregnant Women