【質問1】今とは違う(ヘルスケアに関する)特徴的な社会の仕組みとして、どのようなものが存在しているか

【質問2】今とは違う(ヘルスケアの関する)特徴的なサービス/ソリューションとして、どのようなものが登場しているか

【質問3】その際に、活躍している企業・業種・職種としては、どのようなものが挙げられるか

 これらの質問に対して、2030年に向けて重要になる、あるいは進んでいくであろう3つのキーワードを挙げたいと思います。それは、(1)分化と統合、(2)標準化と個別化、(3)インセンティブとペナルティです。

 2030年に向けては、この3つのキーワードに関連する社会の仕組みや、サービス/ソリューションが登場すると考えています。

役割がどんどん分かれていく

 まず、(1)の分化と統合についてです。

 分化とは、集約していた役割が分かれそれぞれ機能特化していくという意味です。例えば、医療提供者(プロバイダー)に関しては、現場でのサービス提供と経営が分離していく方向、そして経営は、必ずしも医師というわけではなく、経営のプロフェッショナルが担っていくこととなるでしょう。

 今は医療提供者が様々な権限も決定権も担っています。それがもっとそれぞれの役割に分かれて、医療提供者は、医療提供に専念する形になっていくのだと思います。

 同時に、プロバイダーの統合が進むでしょう。非効率、低収益な提供体制を統合、機能を再定義することで、無駄や非効率を無くし、持続性を保つとともに、新しいイノベーションへの活力や投資を確保することができる手段です。

 医療データに関しても役割の分化が進むと見ています。今は、それぞれの病院が保有する医療データをつなぐ取り組みが進んでいます。そうではなく、データの保有そのものを病院が担わずに、他のプレーヤーにその役割を預けるという考え方です。
 その実現を担う、セキュリティーを含めた高度な技術と、医療の未来を見据えイノベーションを起こそうとする新たなプレーヤーが、ますます重要になるでしょう。

 保険者(ペイヤー)の役割が重要になるというのも、今後の方向性です。医療の継続性の観点から、生産性の指標はさらに重視され、精緻なデータ分析に基づくバリューベースやアウトカムベースでの支払い方式へのシフトが求められるでしょう。