最後に…

 新型コロナのようなパンデミックは到来時期、規模、地域性等、予測困難な要素が多すぎるため、パンデミックに対してビジネス上の備えをすることは容易ではない。ただし、今回の学びを生かすことが次のパンデミック時におけるヘルスケアイノベーションのヒントになることは間違いない。

 また、こういう災禍だからこそ、大胆に制度や生活様式を変えたい。そこからもまた新しいイノベーションが生まれうるであろう。さらに、今回のCOVID-19禍は世界の国々が医薬品や医療機器の自給状況について再考する機会であり、ポストコロナ禍のヘルスケアイノベーションにおけるグローバル戦略において、その点を考慮する必要がありそうだ。

注意)本記事の執筆については2020年5月9日時点の情報に基づく


(タイトル部のImage:adimas -stock.adobe.com)