本書の第2刷(奥付発行日2020年3月23日)では、初刷(奥付発行日2017年10月23日)発行後の新しい情報を反映し、あわせて一部内容の訂正を行いました。以下の表に、初刷から2刷への変更内容をまとめました。お手元の書籍の刷数は、奥付でご確認ください。

該当部分 変更内容
P120~P128のQ40

Q40「Azure Active Directory Domain ServicesでGPOを使うには」は2刷で全体の見直しを行いました。Q40の差替PDFをこちらからダウンロードいただけます。

ダウンロード
ch1_gp_2ed_2pri-sec.pdf
1.76 MB
P132の上から18行目

(初刷)現在ではSCMの後継としてSecurity Compliance Toolkitがリリースされています。

(2刷)現在ではSCMの後継としてSecurity Compliance Toolkitのほか、さまざまなツールが用意されています。

P133の上から5行目

(初刷)
●セキュリティベースライン
Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016およびWindows 10(ビルド1507/1511/1607)用のセキュリティベースラインが含まれます。

図42-1:Security Compliance Toolkit 1.0でダウンロードされるファイル


(2刷)
●セキュリティベースライン
 以下のセキュリティベースラインを含みます(2020年3月1日時点)。
・Windows Server 2012 R2
・Windows Server 2016(RTMおよびバージョン1909)
・Windows Server 2019(RTMおよびバージョン1903)
・Windows 10 Version 1507/1607/1709/1803/1809/1903/1909
・Microsoft Edge v79(Chromium版Edge)
・Office365-ProPlus(2019年9月版)

P134の図番号

(初刷)図42-2:設定をGPOバックアップ形式にエクスポート

(2刷)図42-1:設定をGPOバックアップ形式にエクスポート