本書の内容に誤りがございました。次のとおり訂正してお使いください。
お手元のテキストの刷数は、奥付でご確認ください。

第1刷

訂正箇所 訂正内容

54ページ
「根本事項」のコラムの直後

(誤)現代のプロセッサの鍵を握る技術は,コンパイラとシリコンである.集積回路技術そのものを理解するだけでなく,Moore の法則によって予測されるような,技術変化の進展のペースを理解しておくことも重要である.シリコンはハードウエアの急速な進歩の原動力となってきたが,他方でコンピュータの構成方式に関する新しいアイデアによっても価格性能比は増倍される.

(正)現代のプロセッサの鍵を握る技術はシリコンである.シリコンはハードウエアの急速な進歩の原動力となってきたが,他方でコンピュータの構成方式に関する新しいアイデアによっても価格性能比は改善される.

以上、お詫びして訂正いたします。