Our Vision

ビジョン

企業のあらゆる可能性を理解し、それを必要とする相手と繋ぐことで、より豊かな社会・未来づくりに貢献します。

~日経BPグループの総合窓口 
日経BPアド・パートナーズ~

Top Message

トップメッセージ

日経BPが保有する国内最大級のビジネスデータプラットフォーム『BP DMP』。そこには日経BPメディア読者の登録属性、記事の閲読状況、Webのログデータ、書籍購入状況、セミナー参加履歴など、多様な情報が蓄積されています。

私たち日経BPアド・パートナーズは、この『BP DMP』の有効な活用施策について最も豊富な経験を有する集団です。

企業が弛まぬ努力で創出し、市場に供給する価値。それらを必要とする相手を探し出し、供給者と適切に繋ぐこと。

日経BPアド・パートナーズはこの課題に対し、『BP DMP』を柱に、日経BPグループの中で培って来たあらゆる資産を生かして唯一無二の解決法を提示します。

求められた答えを用意するだけでなく、真に必要な答えを見つけ出します。マーケティング上のあらゆる課題についてご相談ください。
“最適な答え探し”を、私たちならではの手法をもって全力でお手伝いいたします。

株式会社 日経BPアド・パートナーズ代表取締役社長 庵谷 英徳

1964年生まれ。1988年上智大学文学部卒業後、日経マグロウヒル(後の日経BP)入社。アジア向けに発行された「Nikkei Electronics Asia」、Time社との提携誌「Real Simple Japan」、各誌定期購読者から富裕層を抽出したクオリファイドメディア「DAZZLE」など、日経BPにとって“初”の試みとなるメディア事業の多くに開発から参画。同社執行役員広告担当、日経BP総合研究所副所長などを務め、2018年から日経BPコンサルティング取締役副社長。2020年3月より現職。