Buisiness

ESG/SDGs支援事業

ESG経営・SDGs活動における社内理解の促進、
社外に向けたコミュニケーションをサポートします。

株主、社員、取引先、投資家、学生などあらゆるステークホルダーに対して適切なコミュニケーションが求められるESG経営とSDGs活動。日経グループのあらゆるソリューションを提示し、貴社のESG経営とSDGs活動を支援します。

Nikkei ESG

日経ESG経営フォーラム加入

機関投資家との対話、気候変動対策、人権問題、ジェンダー、データ分析など研究テーマの深掘りと拡大を続けて、
他では得られないESG経営の情報をお届けします。

企業評価を高める活動

働き方改革や従業員の健康維持、女性活躍推進といったテーマだけでなく、BCP体制の構築を含めたコーポレートガバナンスの強化は経営に欠かせません。TCFDに代表される地球温暖化防止対策も重要なテーマです。日経ESG 経営フォーラムは、企業と機関投資家との対話を一層重視します。また新型コロナ対策やデータ分析、フードテックなど多様かつ新しいテーマの研究会やイベントを増やして、企業評価を高める活動を強化します。

for Management

経営層向け勉強会

トップミーティング(特別会員向け)の開催

本音の議論ができる
トップミーティング開催

特別会員の経営トップの皆様を対象に国内外の有識者とESG に関する本音の議論ができるトップミーティングを年2回開催します。2019年10月には欧州ESG メディア「Responsible Investor」のトニー・ヘイ発行人を招き、朝食会の形式で開催。

for Leader

リーダー向けワークショップ

年30 回の研究会・視察を実施「投資家対話研究会」を充実

より多様化する情報提供

年間30回のフォーラム会員限定の研究会や視察会などを開催しています。2019年11月から3回にわたり実施した「投資家対話研究会」は好評だったため、今後はさらに充実させます。新型コロナなどの感染症への対応策としてウェブセミナーを開催するなど情報提供の方法を多様化します。

for Employee

従業員向けeラーニング

SDGsの基礎から経営へのヒントまで

基礎知識から
経営に生かせるヒントまで

ビジネスの世界でも必須のキーワード “SDGs”。社員の皆さまがSDGsをきちんと理解して、会社としての取り組みを推進できるように、押さえておくべき基礎知識から経営に生かせるヒントまでを学習できるコンテンツです。理解度を確認するための試験問題で構成しています。

未来を『』体験する

Experience the future “now”

ご要望に合わせて、メニュー、媒体を横断した独自の広告パッケージも行っております。
まずはご相談、ご質問などをお気軽にお問い合わせください。