ヘルスケア、モビリティー、製造、建設など各産業で利用が進む生体センシング。

センシング対象や原理に加えて、大手企業・注目ベンチャー企業の技術開発動向を調査・分析する新着レポート「生体センシング最前線」が完成しました。本レポートは「ヘルスケア編」「モビリティー編」「製造/建設/マーケティング編」にそれぞれ分かれています。

収録されるセンシング最新動向

生体センシング ヘルスケア編
手術時の臓器の状態把握や病理診断のような高度な医療 用途から睡眠の質の可視化といった健康用途まで、ヘルスケア分野の最前線で未来を担う可能性がある約140社のベンチャー企業、20社以上の大手企業を国内外から選出し、レポートしています。

  • 血糖値センシング
  • 心電・心拍センシング
  • 組織・臓器測定
  • 栄養センシング
  • 汗センシング
  • 尿センシング
  • 感情認識など

生体センシング モビリティー編
実用化が進む眠気・疲労検知から、快適・利便性向上に向けた車内監視や感情認識、自動車制御に連動するアルコール検知技術などについて、国内外で最先端を走る約70社のベンチャー企業、主要自動車関連メーカー約30社をレポートしています。

  • 車載センサー
  • カメラ
  • シート・ハンドル
  • 小型端末
  • スマートグラス
  • ウエラブル
  • ヘッドセットなど

生体センシング 製造/建設/マーケティング編
生産から販売、その後の利用シーンまで、商品やサービスのサプライチェーン上のあらゆる場面で生体センシングの応用を目指す、約70社のベンチャー企業、約20社の大手企業の動向をレポートしています。

  • 作業者支援
  • マーケティング
  • セキュリティー
  • ヒューマン・マシン・インターフェース
  • スポーツテック
  • 介護・ヘルスケア
  • 教育・研究など