中国で、データセンタープロジェクト「東数西算」が本格的にスタートした。同プロジェクトは、新型の計算力ネットワークシステムを構築するもので、再生可能エネルギーが豊富にある西部に主にデータセンターを建設し、東部の計算力ニーズを引き受ける。東部と西部の協同・連動を促進する狙いがあり、資源配置を合理的に最適化するとしている。一見、「西部を犠牲にして東部を守る」ともいわれているが、そうではなく、大きくは三つの点で問題を解決するという。(日経BP 総合研究所)

 国家発展改革委員会はこのほど、データセンタープロジェクト「東数西算」を正式に全面的にスタートすると発表した。この重要プロジェクトはデジタル経済時代の「南水北調」(南方地域の水を北方地域に送り水不足を解消)、「西電東送」(西部地域で発電した電気を東部沿海地域に送電)、「西気東輸」(西部地域の天然ガスを東部沿海地域に輸送)と呼ばれ、社会と市場で非常に注目されている。

 「東数西算」とは一体どんなものか。どのように推進していくのか。エネルギー消費量の多いデータセンターを西部に配置すると、西部の低炭素の取り組みの歩調を乱すことにならないのだろうか。

「東数西算」とは一体どんなものか?

 国家発展改革委員会などの関係当局はこのほど共同で文書を通達し、北京・天津・河北、長江デルタ地域、粤港澳大湾区(広州、仏山、肇慶、深セン、東莞、恵州、珠海、中山、江門の9市と香港、澳門<マカオ>両特別行政区によって構成される都市圏)、成都・重慶エリア、内蒙古(内モンゴル)自治区、貴州省、甘粛省、寧夏回族自治区で国家計算力ハブノードの建設をスタートすることに同意し、国家データセンタークラスター10ヶ所を計画している。これにより、全国一体型のビッグデータセンターシステムの全体配置設計が完成し、「東数西算」プロジェクトが全面的にスタートした。

 「東数西算」の「数」はデータ(ビッグデータ)を指し、「算」は計算力、つまりデータに対する処理能力、計算能力を指している。

 「東数西算」プロジェクトとは、データセンター、クラウドコンピューティング、ビッグデータを一体化した新型の計算力ネットワークシステムを構築するものであり、東部の計算力ニーズを西部へと秩序よく誘導し、データセンターの建設配置を最適化し、東部と西部の協同・連動を促進する。

なぜ「東数西算」なのか?

 現在、中国のビッグデータセンターの大部分は東部地域に分布しているが、土地やエネルギーなどの資源が不足してきているため、東部で大規模な展開を続けることが難しくなっている。一方で、西部地域は資源が豊富で、特に再生可能エネルギーが豊富にあり、データセンターを建設して、東部の計算力ニーズを引き受けることのできるポテンシャルを備えている。

「東数西算」をどのように推進するのか?

 全国一体型のビッグデータセンターシステムの配置を踏まえて、全国に計算力ハブ8ヶ所を建設し、大型・超大型のデータセンターがハブに集積するようにして、国家データセンタークラスターを形成する。国家計算力ハブノード8ヶ所を取り巻くようにして形成されるデータセンタークラスターは、張家口クラスター、長江デルタ生態圏グリーン一体化発展モデル区クラスター、蕪湖クラスター、韶関クラスター、天府クラスター、重慶クラスター、貴安クラスター、和林格爾(ホリンゴル)クラスター、慶陽クラスター、中衛クラスターの10ヶ所だ。

 国家発展改革委員会は、「データセンターの西部への大規模な配置の推進を加速し、特にバックグラウンドでの加工、オフライン分析、保存・バックアップなどネットワークへの要求レベルが高くない業務については、先に西部へ移転させ、西部データセンターが業務を担当するようにする。一部のネットワークへの要求レベルが高い業務、たとえばインダストリアル・インターネット、金融・証券、災害早期警戒、遠隔医療、テレビ電話、人工知能(AI)予測などについては、北京・天津・河北、長江デルタ地域、粤港澳大湾区などの東部地域にハブを建設すればいい」と指摘した。

8つの計算力ハブと10のクラスターを配置するのはなぜ?

 8つの計算力ハブをよりどころにすれば、政策と資源を集中させ、ネットワークやエネルギーなど関連の保障の最適化に力を入れ、データセンターの集約化、大規模化、グリーン化した発展をよりよく誘導し、東部と西部のデータの流れ、バリューの伝達を促進し、データセンター関連産業の東部から西部への効果的な移転を誘導する上でプラスに働く。

 8つの計算力ハブの中では、計画を進めて国家データセンタークラスターを10ヶ所設置した。各クラスターは物理的につながった一大行政エリアで、計算力ハブ内の大型・超大型データセンターの建設を実際に担うことになる。

「東数西算」は「西部を犠牲にして東部を守る」ことなのか?

 データセンターは往々にしてエネルギー消費の大きいプロジェクトになりがちだ。東部のデータセンターを西部に移転することは、東部の二酸化炭素(CO2)排出量の多さというコストを西部に転嫁することなのだろうか。

 中国人民大学国家発展・戦略研究院の程絮森研究員はこうした疑問について、「国が『東数西算』を打ち出したそもそもの狙いは、中部と西部の資源配置を合理的に最適化することにあり、『西部を犠牲にして東部を守る』ということではない。まず、西部地域は地理的な自然環境によりデータセンターの建設において自然の優位性を備えており、気候と気温なども適している。次に、西部地域には豊富な再生可能資源がある。目下、西部地域で配置が進められているデータセンターには、風力発電や水力発電、太陽エネルギーなどのクリーンエネルギーが大量に使用されている」と述べた。

 中国工程院の余少華院士は、「『東数西算』は多くの問題を解決する上で重要な役割を発揮する」として、次の3点を挙げた。

(1)エネルギーと水資源の問題。西部地域が保有するエネルギーと水資源は経済発展で必要とされる量で計算すれば相対的に多く(データセンターの放熱には大量の水が必要)、価格も安い一方で、東部地域はエネルギーが不足し、電気料金も高い。さらに東部地域は人口密度が高いため一般的に水不足で、西部にデータセンターを建設すれば、たくさんのエネルギーを輸送することで生じる不必要なコストをカットでき、コストを引き下げることができる。

(2)「東数西算」は西部のデジタル経済発展を牽引することができる。中国はこれまでずっと東部地域が西部地域の経済発展を牽引することを願ってきたが、従来のやり方では難しくなった。一方で、デジタル経済は経済成長を牽引するコアなポイントの1つだ。「東数西算」は西部のデジタル経済発展を効果的に牽引し、東部と西部のデータの流れを促進し、西部大開発、地域のバランスと協調発展の推進にプラスになる。

(3)「東数西算」はCO2の削減とグリーン発展の実現に役立つ。中国はすでに二酸化炭素(CO2)排出量ピークアウトとカーボンニュートラルの「ダブルカーボン」の目標を打ち出した。現在は東部でのCO2排出量が西部をはるかに上回り(同一省内でも、一般的にこのような状況が見られる)、まもなく飽和状態に達する、もしくは基準を超過しそうで、エネルギー消費指標の達成は厳しい状況にある。それに対し、西部地域は火力発電や水力発電、風力発電などのエネルギーが相対的に豊富なため、西部地域がデータセンターを引き受ければ、西部のエネルギーと水資源を近い場所で利用できるようになり、グリーンエネルギーの利用率が上昇し、省エネ・汚染物質排出削減を促進することになる。(出所:人民網日本語版)