中国版の国家水素戦略といえる「水素エネルギー産業発展中長期計画(2021-2035年)」を3月23日、発展改革委員会とエネルギー局が共同で発表した。水素が将来のエネルギーシステムにおける重要な構成要素であることを初めて明確にすると同時に、戦略的に産業育成することを打ち出した。現在、中国の再生可能エネルギーの発電容量は世界一であり、CO2フリーな再エネ水素の供給能力には大きなポテンシャルがある。同計画によると、25年に、水素の生産地から近い場所での利用を中心とした水素エネルギーサプライ体制をほぼ整える。35年には、交通、エネルギー貯蔵、工業などの分野をカバーする水素利用圏を構築する。この間、再エネ水素が末端のエネルギー消費における割合を大幅に向上させるという。水素に関連する全産業チェーンをカバーする技術、材料、設備のイノベーションを加速するために、先進諸国との国際協力を推進する。(日経BP 総合研究所)

 国家発展改革委員会と国家エネルギー局は23日に共同で「水素エネルギー産業発展中長期計画(2021-2035年)」を通達した。

 同計画は中国初の水素エネルギー産業の中長期計画として、水素エネルギー産業の発展の方向性と目標を明確にし、計画を打ち出したと同時に、水素エネルギーが将来の国家エネルギーシステムにおける重要な構成要素であることを初めて明確にした。

 水素エネルギー産業は発展の初期段階にあって、地域レベルの小規模な応用が中心だが、産業チェーンにおける水素の生産・貯蔵・輸送・充填及び水素燃料電池や水素エネルギー自動車など細分化された部分の1つ1つが、どれも1千億元(1元は約19.2円)規模の市場をいくつか形成できる可能性を持っている。

2035年に水素エネルギー産業システムを形成し、「ダブル炭素」目標を力強くサポート

 現在、中国の再生可能エネルギー発電設備の容量は世界一で、クリーンで低炭素の水素エネルギー供給には極めて大きなポテンシャルがある。

 国家発展改革委員会ハイテク司の王翔副司長は、「水素エネルギー産業の発展情勢は全体として好調だが、中国の水素産業エネルギーはまだ発展の初期段階にとどまっている」と述べた。

 同計画は、水素エネルギー産業の発展の方向性を明確にし、水素エネルギーが将来の国家エネルギーシステムにおける重要な構成要素であり、エネルギー使用の末端でグリーン・低炭素へのモデル転換を実現するための重要な媒体であり、水素エネルギー産業は戦略的新興産業および将来の産業の重点的発展の方向性であると強調した。

 同計画によると、25年に、中国は工業の副産物としての水素および再生可能エネルギーによる水素の生産と生産地から近い場所での利用を中心とした水素エネルギーサプライ体制をほぼ構築する。30年に、比較的整った水素エネルギー産業技術イノベーションシステム、クリーンエネルギーによる水素生産・供給システムを形成する。35年に、水素エネルギー産業体制を形成し、交通、エネルギー貯蔵、工業などの分野をカバーする多元的な水素エネルギー応用生態圏を構築する。再生可能エネルギーによる水素製造が末端のエネルギー消費における割合が大幅に向上する。

 王氏は、「水素エネルギーの全産業チェーンの発展を統一的に計画し、総合的に配置することは、エネルギーのグリーン・低炭素へのモデル転換のための重要な着手点であり、また二酸化炭素(CO2)排出量ピークアウトとカーボンニュートラルの目標実現にも力強いサポートを提供している」と述べた。

水素エネルギー産業をめぐるイノベーションチェーンを計画

 中国の水素エネルギー産業は今は発展の初期段階にあって、効率の高い完備した産業チェーンはまだ形成されていない。「追いかけ」から「追いつき」、さらに「追い越す」へと転換するにはどうすればいいか。カギは産業チェーンをめぐるイノベーションチェーンを計画することにある。

 同計画は4つの面より、水素エネルギー産業チェーンのイノベーション能力建設を計画した。

(1)基幹コア技術に焦点を当てる。グリーン・低炭素の水素エネルギー生産・貯蔵・輸送・利用の各プロセスにおける基幹コア技術の研究開発を推進し、水素エネルギーの先端技術、基幹設備、重要な製品のモデル応用と産業化発展を持続的に推進し、水素エネルギー産業の質の高い発展に向けた技術体制を構築する。

(2)イノベーションをサポートするプラットフォームに焦点を当てる。水素エネルギー産業の重点分野と鍵となる段階をめぐり、多層的なイノベーションをプラットフォームを構築する。リーディングカンパニーが率先して、産業イノベーションセンター、プロジェクト研究センター、技術イノベーションセンター、製造業イノベーションセンターなどのイノベーションプラットフォームを配置し、キーテクノロジーの開発と産業化応用を展開することを支援する。大学や科学研究機関などが科学研究能力の優位性を発揮して、重点実験室、最先端の学際的な研究プラットフォームを建設し、水素エネルギーの基礎研究と先見性ある技術研究を展開することを支援する。

(3)専門的人材のチームに焦点を当てる。水素エネルギー技術・設備を専門とするハイレベル人材の誘致と育成を支援する。

(4)国際協力のチャンスに焦点を当てる。中国国内の市場の優位性を十分に利用し、情勢に応じて有利になるよう誘導し、水素エネルギーの科学・技術をめぐる国際共同研究開発を展開し、水素エネルギーの全産業チェーンにわたる技術、材料、装備のイノベーション協力を推進し、国際水素エネルギーイノベーションチェーン・産業チェーンを構築する。

資本市場の資金調達の円滑さがより多くの関連企業の上場につながる

 同計画は水素エネルギーが将来の国のエネルギー体制の重要な構成要素であり、戦略的新興産業と将来の産業の重点的発展の方向性であることを明確にしただけでなく、条件を満たした水素エネルギー企業がハイテク企業向けの株式市場「科創板」や「創業板」に登録上場して資金調達を行うのを支援することも特に記している。

 国際新経済研究院の鄭磊副院長は、「中国の水素エネルギー産業はまだ発展の初期段階にあり、産業のイノベーション能力が弱いとか技術装備の水準が低いなどの問題が引き続き存在する。そのため、資金面の支援を行って、技術の研究開発が進むよう支援することが差し迫って必要だ。コストが非常に高くつく社債発行による資金調達に比べ、資本市場での株式発行による資金調達は『コストパフォーマンス』がより高いことは明らかだ」と述べた。

 同計画は条件を満たした水素エネルギー企業が科創板や創業板に登録上場して資金を調達することを支援するほか、金融面での支援も強化する必要があると提起した。

 厦門(アモイ)大学中国エネルギー政策研究院の林伯強院長は、「水素エネルギーの発展の道のりはまだ非常に長く、現時点では政府による大々的なバックアップが必要であり、短期的には黒字化の実現は難しい。この計画は財政金融面での支援を強化すると明確にしており、このことが企業の信頼感を増強し、水素エネルギー産業の発展を推進する上で重要な役割を果たすだろう」と述べた。

産業の重要な好材料 水素エネルギー企業が発展の「春」を迎える

 中国水素エネルギー連盟の予測では、中国水素エネルギー産業の付加価値額は20-25年の間に1兆元に達し、26-35年の間に5兆元に達するという。

 関連企業もこの1兆元規模のレースでさらに加速しようとしている。

 華電重工股份有限公司の関係責任者は、「当社は2020年から水素エネルギー業務の発展を計画し、水素エネルギーの技術開発、装備製造、プロジェクト請負などの面で能力を高めようと努力してきた」と述べた。

 中国の大型トラック分野の重要な力としての陝西汽車控股集団有限公司も水素エネルギーの燃料電池を使用した大型トラックの応用を加速的に普及させている。同集団傘下の徳創未来汽車科技有限公司は水素エネルギーの燃料電池を使用した大型トラック3車種をすでに河北省や上海市などのエリアで推進・拡大しており、そのうちの1種類の水素燃料電池トレーラーは顧客への引き渡しを終え、まもなく陝西省の楡林エリアで稼働する。

 中国水素エネルギー産業技術イノベーション・応用連盟の李洪執行事務局長は、「政策による奨励と資本によるバックアップが、水素エネルギー産業の高速発展をもたらした。水素は効率のよいエネルギー貯蔵の媒質であり、風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーと結びついてクリーンな水素を生産すれば、水素エネルギーの自動車分野や工業用水素分野への応用が可能なだけでなく、エネルギー貯蔵資源として、電力ネットワークサイドのピーク抑制、出力調整に関わることもでき、水素エネルギー関連企業の業務展開に新たな発展の可能性をもたらすことになる」と述べた。(出所:人民網日本語版)