中国の移動通信大手のチャイナ・モバイルが、「中国移動6Gネットワークアーキテクチャ技術白書」を発表した。移動通信は「現世代の使用、次世代の建設、次々世代の研究開発」のリズムで世代交代が進むため、6Gは2030年頃に商用化されるとしている。同「白書」は、6Gアーキテクチャは国家戦略と高いレベルで一致する必要があるとの認識を示した。6Gアーキテクチャの新たな特徴を「3体、4層、5面」と表現。3体とはネットワークの本体、管理編成の主体、デジタルツインの体系を、4層とは資源・アルゴリズム層、ルーティング・接続層、サービス化・機能層、開放・信号コントロール層を、5面とはコントロール面、ユーザー面、データ面、スマート面、セキュリティ面を指す。6Gは5Gを基礎として人に、また人とモノにサービスを提供し、さらに発展してエージェント間の高効率な相互接続をサポートし、万物のインターネットから万物のインテリジェント・コネクティビティへの高度化を実現。最終的に「インテリジェント・コネクティビティ、デジタルツイン」を通して人類社会の未来に貢献するという。(日経BP 総合研究所)

 6Gネットワークアーキテクチャはまだ研究の段階にあるが、中国移動通信(チャイナ・モバイル)がこのほど発表した「中国移動6Gネットワークアーキテクチャ技術白書」によると、業界では6Gの発展で画期的な意義を持つ一里塚と見なされているという。「科技日報」が伝えた。

 中国移動の高同慶副社長は、「移動通信システムの骨格や中枢と同じように、ネットワークアーキテクチャも6Gシステムの中核だ。移動通信ネットワークの世代ごとの発展の中核的指標の1つとして、ネットワークアーキテクチャの先端性、実行可能性、互換性が移動通信ネットワークの発展ルートと応用成果に直接影響するため、先に考える必要がある」と説明した。

 同「白書」は、6Gネットワークのアーキテクチャはデジタル化時代の変革に向き合い、国家戦略と高度に一致する必要がある上、新たなシーンや新たなニーズによる駆動も考慮する必要があり、同時にクロスオーバー分野の新技術の発展情勢と導入の実行可能性の論証も行なう必要があると強調した。

 中興通訊(ZTE)の向際鷹チーフサイエンティストは、「この『白書』は6Gネットワークアーキテクチャの新たな特徴を3体、4層、5面に革新的に帰納している。3体とはネットワークの本体、管理編成の主体、デジタルツインの体系を指し、4層とは資源・アルゴリズム層、ルーティング・接続層、サービス化機能層、開放・信号コントロール層を指し、5面とはコントロール面、ユーザー面、データ面、スマート面、セキュリティ面を指す」と述べた。

 6Gは世界の移動通信産業の技術イノベーションの焦点であり、世界の通信技術強国、トップレベルの通信キャリア、技術メーカーはいずれも6Gの研究開発に参入している。6G技術の研究開発はまだ探求の段階にあるが、いつ登場するか、人類の社会をどのように変えるかが、長らく関心を集める問題となっている。

 移動通信産業の「1世代を使用し、1世代を建設し、1世代を研究開発する」との発展リズムを踏まえ、業界では6Gは2030年頃に商用化されると予測される。

 中国の6G推進主体であるIMT-2030推進チームがこのほど発表した「6Gの全体的な見通しと潜在的重要技術の白書」が描く情景によると、6Gが5Gを基礎として人に、また人と物にサービスを提供し、さらに発展してエージェント間の高効率の相互接続をサポートし、万物のインターネット(IoE)から万物のインテリジェント・コネクティビティへの飛躍を実現し、最終的に人類社会が万物の「インテリジェント・コネクティビティ、デジタルツイン」の素晴らしい未来の実現をサポートする。

 紫金山実験室の副室長兼チーフサイエンティストで、東南大学の尤肖虎教授は、「6Gは2030年以降の次世代移動通信だが、5Gの発展は6Gの着実な基礎固めになる。6G向けの技術と既存の5G技術が徐々に融合して、スムーズに移行すれば、既存の5Gへの投資がより有効に使われるようになり、将来の6Gの発展がより着実なものになる」と述べた。(出所:人民網日本語版)