新型コロナウイルス禍において、最も大きな影響を受け、かつ高速に変化したのは、働く場=ワークプレイスではないでしょうか。人流抑制のために政府、企業は在宅勤務を推奨・推進し、ビジネスパーソンのテレワーク率は飛躍的に高まりました。オフィスをフリーアドレス制に移行した企業も多数あります。単なる感染症対策として、ワークプレイスや勤務スタイルが変化したのではありません。コロナ禍は、企業にも個人にも、「働く」ということ自体を再定義せざるを得ない機会をもたらしたのです。

 現状の課題を踏まえ、未来のワークプレイスや働き方はどうあるべきか──。日経BP 総合研究所では、様々な有識者や企業との間でディスカッションし、本リポートをまとめました。未来のワークプレイスを実現させるには、従来の業界の壁を越え、技術やサービスを新結合させる必要があります。そのような新結合から生まれた空間やシステム、制度などを社会実装するには、その有効性を根気よく社会にアピールしていく必要もあるでしょう。ぜひ、みなさんにもワークプレイスの未来を共にお考えいただき、ご感想をお寄せいただければ幸いです。

⇒日経BP 総研リポートの無料ダウンロードはこちらから

CONTENTS

●巻頭特集:多様な働き方の実現に向けて“ハイブリッドワーク”が主流に

●Feature:【徹底議論】NECネッツエスアイが考える Beyond Workplace 2030~未来のオフィスをつくる共感とボーダレス~

●Feature:【座談会】2030年のワークプレイスの在り方を考える

・青野慶久氏 サイボウズ 代表取締役社長
・牛島祐之氏 NECネッツエスアイ 代表取締役執行役員社長
・楠木 建氏 一橋ビジネススクール 教授
・古谷誠章氏 早稲田大学教授 建築家
・安達 功 日経BP 総合研究所 フェロー

●Case:リアルとデジタルを融合しイノベーションの創出へ

01 資生堂/梓設計 02 iPresence/HTC 03 福島県会津若松市/徳島県美波町

●特別インタビュー

働き方と意識の変化から見える未来のワークプレイス
小室淑恵氏 ワーク・ライフバランス 代表取締役社長

全32頁(オールカラー)
2021年10月25日発行