自動車や交通からモビリティーサービスへ、医薬や介護からそれらを融合させた超ヘルスケアとでも呼ぶべき新領域へ、産業の再定義が起こり、これまでにない新しいサービスが次々と生まれている。医療、物流、製造、自動車、都市のサービスの進化はとどまるところを知らない。市場が生まれ、育ち、拡大していく背景には五つの構造変化がある。市場とサービス、サービスと技術、技術と企業の新しい組み合わせが新たな領域を切り拓く。

 日経BP総研が10月17日に開催した「経営課題×社会課題解決フォーラム2019~2020」の基調講演「日経BP展望2030 ビジネスを変える100のブルーオーシャン」では、総研所長の安達功とテクノロジーの専門家である狩集浩志が新市場を生み出す「5つの構造変化」について解説、2030年に向けて拡大する新市場の実例を紹介した。

日経BP総研所長 安達功
日経BP総研所長 安達功
前クリーンテックラボ所長 狩集浩志
前クリーンテックラボ所長 狩集浩志
「100のブルーオーシャン」の洞察 | 講演資料より
「100のブルーオーシャン」の洞察 | 講演資料より

 日経BP総研は2019年1月から「100のブルーオーシャン」と呼ぶリサーチ活動を進めてきた。80人の研究員それぞれの専門領域から、今後新たに生まれる市場や伸びる分野を抽出し、2030年の市場規模を推定、攻略のポイントをまとめた。

2030年の新しい市場 | 講演資料より
2030年の新しい市場 | 講演資料より

あなたの会社のブルーオーシャンを一緒に開拓しませんか。

・2030年/2045年に向けたビジョンを描きたい
・構造変化/ゲームチェンジに備えたい
・最新のテクノロジーを活用して戦略を立てたい

下記リンク先のフォームより、まずはご連絡ください。