呉服屋「伊勢由」常務取締役 千谷美恵さん(写真:稲垣 純也、以下同)

 前編に引き続き、銀座の呉服屋「伊勢由」4代目の千谷美恵さんにお話を伺う。

 老舗の呉服屋というと、「敷居が高い」と思う人も多いかもしれない。しかし千谷さんは、「老舗だから何か買わされそうだと臆せず、どんどん店に入ってきてほしい」と言う。一つの老舗と長くつき合えば、最初はこの着物、次はこの帯と、予算に合わせて購入することもできる。もちろん「こんな柄がいい」というオーダーメードもできる。伊勢由は多くの職人さんとつき合っており、千谷さんはプロデューサー的な役割も担っている。

 着物の世界は、職人とのつき合いもなかなか大変だ。「着物作りの職人さんも、ほとんど男性です。女性の立場から提案しても『そんなに細かいことを言うなら、俺はつくらないよと』言われてしまうこともあるんです(笑)」と千谷さん。

 ある時千谷さんは、「太っている人が帯を締めると、帯の柄がきちんと出ない(注1)」ということに気づいた。そこで、柄の位置を変えてほしいと職人に提案したが、新参者の千谷さんの意見がなかなか通らない。「昔からこの位置と決まっているのだから、だめ」と言われてしまう。「とにかくつくってほしいんです」と粘って、やっと納得してもらったこともある。

 「時には、お客様の気持ちと職人さんの気持ちの間で板挟みになります。職人さんにはプロ意識があり、お金では動きません。それでも、その技術を持っているのはその人しかいない、どうにかその職人さんに、お客様の要望通りのものをつくってもらわないといけない…。何社かに見積もりを取って安い方に発注する、というビジネスの常識が通用しないんです」

 職人と上手につき合うには、一人ひとりの職人の技術や性格を把握する必要がある。「この人に植物の柄を描いてもらったら天下一品」とか「この人は幾何学模様が得意」といったことを、失敗を通じて学んでいく。どの職人にどんなオーダーをすれば素晴らしい作品が生まれるのか、学習していくのだ。

 職人とのつき合いを通して、染めのオリジナルスカーフなど新しい商品も企画した。「洋服屋で素敵なスカーフを見つけると、その作者を探して本人と交渉し、着物の図案で染めてほしいとお願いしたこともありました。着物を着る人のマーケットだけでは、パイが小さすぎる。洋服にも合うような和小物を考えてつくり、少しでも多くの人が“和”の世界に近づいてくれればと思っています」

 伊勢由はもともと「ふくふく袋」(風呂敷代わりに使える、伊勢由オリジナルの軽くて丈夫なサブバッグ)「ワンポイント付きの足袋」など、かわいらしい柄のオリジナル小物が人気の店だ。こういったオリジナル小物を強化するのも、着物産業全体が先細っていくという時代背景があるためだ。呉服の売れない時代に、新しいことに挑戦する娘を、父親はどう感じているのか?

 「割と自由にさせてもらっています。男の跡取りの場合、最初から自分が継ぐと思っているし、回りも『若旦那』という目で見る。父親としても『まだ息子には任せられない』と意地を張ったり、葛藤があるようです。男に対しては、代々いる番頭さんたちの目も厳しい。でも私の場合は女であるせいか、『跡取りが突き当たる葛藤』を免れている面もありますね」

 売るだけではなく、着物を通じて日本の風物や慣習などの伝統文化を伝える仕事にも深く関わっているのが、千谷さんの商売だ。買ってくださったお客様に着付けを教えたり、着物を着ていく場所を増やすために知り合いの料亭と一緒に着物イベントを企画することもある。

 「今では、お母様の世代も娘に着物について教えられなくなっています。今の時代の女性たちに、もっと着物を着てもらうにはどうすればいいか、いつも考えています。着物が売れないと、着物に関わる多くの職人さんの生活が立ち行かなくなる。職人さんたちが絶えてしまえば、二度と復活しない貴重な伝統の技術もあるんです」

伊勢由オリジナルの赤ちゃんの産着

 最近は古着や浴衣のブームなどで、女性たちの間で「もっと着物を着よう」という動きが出てきた。しかし、どの季節にどんなものを着るか、着物と帯の合わせ方といったルールが難しいといって着物を敬遠する人もいる。売る側に着物に関するきちんとした知識があり、お客に教えてあげられれば、もっと楽しく学んでいけるはずだ。

 古着や浴衣のブームに関して千谷さんは、「古着も浴衣も、とっかかりとしては大歓迎です。ただ、この季節にどの着物を着るかとか、着物の格付けなどの基本的なことを店員さんなどに確認して、そこからもう一歩踏み込んでみると、着物はもっと面白くなると思います。例えば春に紗(注2)の着物を着るのは季節が違うとか、そういったことに踏み込んできてくれれば、着物を装うことがさらに楽しくなるんです」と言う。

小物入れ、手描きの「まめぶくろ」も人気だ

 「着物という、こんなに素晴らしい美術品が日本にはある。美術品を家に飾るのではなく身に着けられる国民はそうたくさんいない。そう考えると、せっかく日本人に生まれたのだから、その機会を逃すなんてもったいないですよ」と千谷さんは言う。

 「着物を、男性にも見ていただけるとうれしいですね。ある奥様が、和服を着た時にその姿をご主人がストレートに誉めてくれ、優しくしてくれるのでうれしい、とおっしゃっていました。でも、日本の男性は全員がそうではないんです。ひと昔前の男性に比べて最近の男性は着物を見る目が落ちたので、技術の優れている着物を着ていてもわかってもらえない、となげく一流芸者さんもいらっしゃいます。桜の着物を着た時に『春らしいね』とか、夏の着物を着た時に『涼しげでいいね』などと褒めてくれると、その方を見直す時がありますね」

 話をしていると、着物が本当に好きだという千谷さんの情熱が伝わってくる。着物や帯は、一点ものも多い。千谷さんがお気に入りの商品ができた時には、お客様に渡す時に、「買ってもいいですか?」と申し訳なさそうに言われたこともあるとか。「本当は手放したくない、という気持ちが出てしまうのかもしれませんね」と千谷さん。お客様に「どうぞ、どうぞ」と言いながら、涙が出てしまったこともあるそうだ。

 「同じ染めでも、もう一回染めたら微妙に違う色合いになるのが反物なんです。技術的に難しく、コストもかかる品物を、あえて職人につくってもらうこともあります。職人さんのためでもあるし、その着物を店に保管しておきたい、またお客様の“目の保養”のためにも持っておきたい、という気持ちもあります」と千谷さん。

 「こうなると、利潤追求だけの仕事ではないですね。着物の世界に入って、ある意味でカルチャーショックを受けました。欧米の合理主義は勉強にはなりますが、私は日本人なので、日本的な商売のやり方の方がしっくりくるんです。やっぱりDNAの違いでしょうか」

 着物は幼い頃から着ていたが、20代の頃は洋服にしか興味がなかったので、着物を着ることもあまりなかった千谷さん。「20代なら、まだ10代の頃の着物が着られたのに、もったいないことをした」と思う。だから日本の女性には、もっともっと着物を着てほしいし、装う喜びを知ってほしい。

 最近うれしいことに、自分のお金で着物を買いに来る30~40代の女性が目立つようになったという。「ここ数年、親や夫のお金ではなく、自分のお金で着物を買うキャリアウーマンが増えています。会社が終わってから7時に着付けを習いに来て、9時に仕事に戻るという方もいるんですよ。忙しくても自分への投資は怠らないんですね。多忙な時ほど、こういう時間をつくることが貴重なんです」

 シティバンク時代、仕事の合間に店に着物を見にきて「ほっとする時間を持てた」という千谷さんらしい実感のこもった言葉だった。

 自分で事業を起こしたいという女性も多い中、継ぐべき家業があるというのは恵まれた状況のようだが、今は銀座の老舗呉服店も次々に店じまいする時代。あえて家業を継ぐ決断をした彼女は、本当に頼もしい跡取り娘だと感じる。

“和”を理解する女性たちが着物文化を担う

 今、若い世代の女性の間に「和ブーム」が続いている。10~20代は古着や浴衣を、まるで外国人のように新鮮な目で見て自由に楽しんでいるようだ。メーカーが安価な浴衣セットを発売したことなどで、特に浴衣は夏のイベント用コスプレとしてすっかり定着した感がある。また女性が好むLOHASなライフスタイルは、天然素材の着物とどこかフィットするところがあるのかもしれない。

 また千谷さんの世代、バブルを経験した女性たちは「洋→和」への回帰を起こしている。千谷さん自身も米国に留学し、20代は洋服にしか興味がなかったと言うが、私の友人のキャリア女性も米国で10年過ごし、今は日本の外資系金融に勤め、毎月着物で歌舞伎に行っている。白洲正子の記念館に九州から訪れていた30代後半の女性は「20代はヨーロッパにばかり行っていたが、30代になって“和”にはまった。白洲正子さんは憧れの女性」と言っていた。欧州の奥深い文化に触れた後、日本に目を転じてみると「同じぐらい深い文化があるじゃないか」と突然日本回帰を起こすのだろう。

 千谷さんのような女性が着物文化の担い手として牽引力になってくれるのはうれしい限りだ。彼女の言う通り、買う人や着る人がいなくなれば、日本の伝統産業は廃れてしまう。一度失った技術を取り戻すのはとても難しいことで、今呉服業界は本当に危機的状況にある。母親も和服を着ない世代の女性たちにもっと着物に近づいてもらうには、千谷さんのような存在が必要なのだと痛感した。

注1:帯に大きな柄がついている場合、帯を締めた時に正面にちょうど柄が来るようになるのが望ましい。しかし着る人の体型によって、柄の位置が微妙にずれてしまうことがある。
注2:紗は夏の着物の生地で、特に盛夏に着る。隙間を作って織り出した生地で、清涼感がある。
日経ビジネス電子版から転載。
日経BP総研 HR人材開発センター長 大塚葉が担当した記事を再掲。