ついに日本のヘルスケア領域のデータ駆動は社会実装段階に入った。

コロナ禍により医療機関への医療従事者以外の立ち入りが困難となったことで、服薬データ、安全性データなどのデータビジネスは大幅に加速した。

本刊は、医療とヘルスケア領域のデータ駆動型社会を作るテクノロジーにフォーカスを当てた。電子カルテデータの集積から臨床検査や治験をデジタル化する取り組み。

モバイルアプリを使った個人の健康・体重体調管理。そしてアプリを使って集めたデータを利用して新たなビジネスを展開する事例を具体的に紹介していく。

「Data is new oil-データは新しい戦略物質である」を実践する企業が増えて、データから新たなビジネスが創造できるようになった。

予防医療や新薬の開発、医療費の適正化にも大きく寄与する。30年間停滞を超えて、新たなヘルスケア産業の中核となるデータビジネスを俯瞰する。

新領域のビジネスの可能性を探る企業、団体、自治体、アカデミアに対して、ビジネスシーズからテクノロジーまでが1冊でわかる総覧としてお届けする。


◇本レポートのポイント◇

▲POINT 1 ウィズコロナで急成長を遂げた、最先端の医療・ヘルスケア事業者の動向やパーソナルデータを基にした利活用事例を詳解。

▲POINT 2 医療提供のオンライン化による新技術やサービスの質を担保するうえでの課題、改善点などを網羅。

▲POINT 3 海外の先進実例や日本がとるべき医療・健康データ事業の戦略理解が深まる。データベースの全容・特徴がわかる。