市場の概要
・高齢者の健康維持
・コミュニティの形成
・ペット環境IoT
・緊急時対応の訓練施設
・犬猫同伴飲食店

攻略のポイント
・ペットは家族扱い
・周辺サービス充実
・殺処分ゼロの実現

 高齢者の一人暮らしが増えている。東京など都市部だけでなく、地方など田舎でも増えている。この傾向に歯止めがかからない。日本に限らず他の国でも起きていることだ。

 高齢者の一人暮らしは、心身の両面において健康を損ないやすく、犯罪者に狙われる危険性も高く、孤独死の発見が遅れるという問題もある。

 こうした社会問題を解決するため、高齢者が犬を飼うことを奨励する動きが出てくる。高齢者が犬を飼うことのメリットは大きい。

 まず犬を飼うと心身の健康維持につながる。毎日の散歩が習慣になるので高齢者にとって運動不足解消になるため健康を維持しやすい。

 犬を散歩させている人同士は共通の話題があることで知り合いになるケースが多い。散歩の途中で高齢者がコミュニケーションを取る機会が増え、脳の働きが活性化する。

 知人との輪が広がることでコミュニティが形成される。人とのつながりが増え、コミュニティで食事に出掛けることやイベントに参加する機会が増える。これはアンチエイジングにつながる。

 犬そのものに癒し効果がある。犬に餌を与え、飼うことで責任感が生まれ生活に張りが出る。

 高齢者の安全を守る効果もある。高齢者が心臓発作で倒れるなどした緊急時に犬が吠えたり、騒いだりして助けを呼ぶことにつながる。いつも散歩している高齢者の姿を見かけなくなれば、何かあったのではないかと周囲の人が気付きやすくなる。

 以上のように高齢者が犬を飼うことのメリットは多いが、犬を飼う高齢者が増えた場合、町のインフラが十分に整っていない。

 高齢者が犬を散歩させるための道や公園などが整備されていない。犬を飼う人が集う場所や犬を連れて入る飲食店も少ない。

 高齢者が犬を飼うことのメリットに着目した自治体が、犬を飼いやすい町づくりのために投資する。「犬を飼いやすい」というコンセプトを打ち出す自治体が現れ、犬を飼いたい高齢者が集まる安全な町づくりを目指すことになるだろう。