(前編から読む)

伊藤ウロコ 専務取締役の伊藤嘉奈子さん(写真:山田 愼二)

 商品開発に向けて伊藤ウロコの伊藤嘉奈子さんが着目したのは、伝統を引き継ぐゴム長靴という製品を、今の時代の築地にフィットしたものにすることだった。「まずはサイズ展開です。多くの人に履いてほしいので、お客様の声を聞きました。十文半(25.5センチ)という標準サイズから、29~30センチまで幅広いサイズの商品を揃えました」と伊藤さんは言う。

 もともとウロコ印の長靴はやや細身で格好がいい。しかし体格のいい今の男性からは、「俺は足が太くて入らないんだよ」と言われることもある。こういう声を聞くと、デザインを損なわないように「太型」「極太」のサイズも作った。

 かつてはぬかるみを歩いたゴム長が、今はコンクリートの上を歩く。脂にも強い素材でないといけないので、当然ゴムの配合も以前とは違ったものになる。マグロ屋の現場で使えるように、先に芯を入れてつま先を保護する「安全大長」も工夫した。

 「祖父の時代のゴム長は、1種類か2種類でもよかった。でも今は、それだけではやっていけない。『なぜ俺のサイズがないの?』と言われれば、それを解決していくしかないんです」

祖父の時代、会社が「伊藤ゴム」だった頃

 幸いにもゴム長の開発をしている時、協力者たちに巡り合えた。しかし、すべてを人任せにできない伊藤さんの性分は昔から。技術者やお客の生の声を自ら聞き、自分で動くのが跡取り娘のやり方だ。伊藤さんが意見を言うと、「それじゃあ、工程に無理がある」と、製造担当からダメ出しが出ることもある。ゴム長の屈曲テストは、伊藤さん自ら何度も履いてみて、工夫を重ねた。

 特に、衛生管理対策が厳しくなってきた現状に合わせて開発した白のゴム長には苦労した。「ビニール製の白ではなく、ゴムでいいものを作りたい」。しかし、コストが高くつく。

 しかし「白のゴム長はいつか作らなければと思っていたし、白が欲しいという相談も受けていたので、思い切って生産に踏み切りました」と伊藤さん。幸い市場の大卸の会社が「うちは全部白にする」と一括注文してくれたので、今は受注生産をしていると言う。

 長年の黒だけのゴム長の歴史に、新たな「色」が加わったのだ。「結局私は、父や祖父の通った道を通っているのです。より良いものを作っていく過程は、これまでと同じです。いいものにこだわりたい。でもそれがすぐに売り上げにつながらず、採算が取れないこともある。でもいいものじゃないと、安心して売れないんです」、そう語る伊藤さんの目はとても真剣だ。

これが新しく開発した白いゴム長(写真:山田 愼二、以下同)

 「父の遺したものを引き継いで、さらにプラスアルファをつける。父の息吹を長靴に閉じ込めて、これからも生かしていくんだ」、そんな思いで、突き進んできた。

 今では経営を一手に引き受けている母には、「開発の方を私に任せてもらえて、本当によかった」と感謝している。しかし、ある程度商品のラインアップが揃うと今度は、「採算は合うのだろうか」と不安が押し寄せる。

 「これまでは、水産関係の中だけの商売で食べていけました。チラシもカタログも作らないのが、長年のやり方だったのです。しかし今や、それだけではダメな時代だと思っています」と伊藤さん。

 出版業界にいた経験を生かして、チラシを作った。創業時のウロコ印の由来から始まり、手作りの天然ゴム長の特色、品種などが分かりやすく説明してある。河岸用に開発した、脂に強いゴム長であること、特殊素材で“ムレにくい”長靴であること、速乾、抗菌、防臭加工がしてあること、天然ゴムは環境にも足にも優しく、冬でも硬くならないことなど…。

 緑色の小さなパンフレットには、歴史ある自社製品への誇りと思いが詰まっている。「場内だけでなく地方や水産業界でない方にも、ウロコ印のよさを理解していただきたいんです。パンフレットがあれば、地方に行った時にも紹介しやすい。最初母は、コストがかかってもったいないと反対しましたが、これだけは、と押し切りました」

伊藤ウロコの店舗正面

 パンフレットは商品の付加価値を強調するには必要なツールだ。伊藤ウロコウェブサイトも作成し、「五代目のつぶやき」というブログも始めた。既にウロコ印がブランド価値を持っている河岸の中の商売から、外に展開するためだ。

 「今は、うちのゴム長をバードウォッチャーの方にも買っていただいています。出版の仕事をしていた時に取材したバードウォッチングの会の方に、うちの店を紹介したのがきっかけでした」

 天然ゴムは環境に優しく、足音が静かなのでバードウォッチングには最適なのだ。また塩化ビニールの靴に比べて沼地でも脱げにくいという評価をもらった。

 米国のアウトドア商品をよく利用する人にも、「このゴム長は、実に丈夫だね」と驚かれるそうだ。考えてみれば、市場での耐久性を長年追求してきた商品なのだから当然かもしれない。「これなら、アウトドア商品としても売れる!」、新しい切り口が見えた瞬間だった。

 「口コミで、釣りをする方も買っていかれます。前の仕事の時に『いつもアンテナを張っていなさい』と言われたのはこういうことだったのだと、今になって実感しています」。ウロコ印のゴム長は、ロハスを追求する雑誌「ソトコト」にも「エコ商品」として紹介された。

 「築地ブランドとして、『井の中の蛙』にならないように、機会があれば様々な展示会に足を運んでいます」と伊藤さんは言う。「それこそ、お菓子など食品の展示会まで…。第一線の企業のやり方に学ぶ、いい機会です」

「キティ×ウロコ」のオリジナルTシャツ。キティちゃんが、ウロコ印のゴム長を履いている

 4年前から、サンリオと提携して築地でキティちゃんグッズを作ることができた。市場のイベントで縁ができたサンリオに話を持ちかけたのだ。キティちゃんがウロコ印の長靴を履いてターレット(運搬車)に乗るデザインのTシャツやシャープペンなどは、伊藤ウロコでしか買えないオリジナル。コレクターにはたまらない商品である。

 実はここ最近、女性たちの間では長靴がブームである。グッチやシャネルなどが出すおしゃれな長靴が人気を呼んでいるのだ。伊藤ウロコも日本が誇る長靴ブランドなのだから、一般向けのおしゃれな長靴を出したりしないのか? そう尋ねると、伊藤さんは首を左右に振った。


これも「キティ×ウロコ」のオリジナルシャープペンと携帯ストラップ

 「ブームに乗って一般向けの商品を作ることは考えていません。あくまで、作業履きとしてのプロユースの商品にこだわっていきたい。市場で生きてきた歴史、市場の男たちの足元を守ってきた先代からの思いを受け継いでいきたいのです」

 伊藤さんのその気持ちに、揺るぎはない。しかし経営者として母の跡を継ぐことを考えると、実は迷いも不安もある。「やっぱりここは、男が生きる街なんですね。女性経営者である母は、本当に大変だと思います。私自身は、ものづくりは大好きだし、市場の伝統も空気も好き。でも、築地の商人としてもやっていかなくては、と思うと…」

 跡取りの若旦那たちが、父親とケンカしながらも商人として成長していくのを見ると羨ましいと思う。伊藤さんの場合は、店で父と一緒に働く機会はなかったのだ。「番頭さんもお客さんも優しいし、大事にしてくれます。でも男は、叩かれながら成長していく。30代、40代はまだ“ひよっ子”扱いです。でも、この世界は、若いうちから一緒にやっていかないとあとが続かない。“跡取り息子”たちの爪の垢を煎じて飲みたいぐらいです」と伊藤さんは言う。

 男女雇用機会均等法も、この街にはまだ無縁だ。マグロの卸問屋にも女性の跡取りが1人いるが、珍しい存在だ。同じ女性でも、「市場にお嫁に来た女将さん」というポジションとも違う。男性と違い、体力的にも壁を感じることもある。

 最初店で仕事を始めた頃は「いまだに江戸時代みたいな街だ、と驚きました」と伊藤さん。「女性用トイレも最近できたばかりだし、着替える場所もない。こんなところで男と同じようにやっていけるのか、と悩みました。でも、男になることはできないし、“男まさり”でやるというのも違うと思うのです」

 「男たちがつくってきた市場の伝統に惚れ込んでいる」という伊藤さんは、そこに無理やり「男性と対等に…」と割り込んでいくつもりはない。「商人の目を持ちながら女性であることも生かして、市場で生きていく。そのバランスを今、模索しているところです」

ウロコ印のゴム長を履いた伊藤さん

 伊藤さんはここでも、女性の跡取りとしての自分の“売り”とは何かを考えている。市場の中で、女性ならでは“特権(?)”があることには本当に感謝している。その代わり自分の強みを生かして、皆の役に立っていかなくてはいけない。

 「私がお店に立つようになったことで、女性のお客さんが増えました。女性には、『私のサイズではこのぐらい』とアドバイスできる。商品のことに関してはプロとして男性にも負けたくないけれど、女性らしい柔らかな応対ができるように気をつけています」と伊藤さん。

 また、伊藤ウロコのTシャツを着てアピールするためにも、体型にも気をつけているという。「女性を生かせる部分は、できるだけ生かしていきたいと思うのです」

 店の仕事以外でも広報や出版の経験が役立っているのは、築地商業協同組合(魚がし横丁)の広報としての仕事だ。市場は寄り合い所帯。1軒の店だけが栄えればいいというものでもない。

 「魚がし横丁のロゴマークがあったので、観光客向けに『魚がし横丁大図鑑』というマップやお祭りのポスター作成、イベント開催のお手伝いなどをしています。『初の組合女性理事』と肩書きだけで注目されるのを重荷に感じていたんですが、やっと自分が役に立てる場所、立ち位置を見つけられたんです」

 昔気質の男たちの街で生きていくために、跡取り娘は、まさに今修業中なのだ。最後に伊藤さんは自慢の新作「番地Tシャツ」を見せてくれた。「築地五丁目2番1号」と、今の築地市場の番地が書いてある。

 築地も移転を控え、いずれは様相を変えていく。伊藤さんのような女性の跡取りが出てくるのも、変化の兆しの1つだろう。しかし“変わらないもの”を一番いとおしんでいるのも、実は当の跡取り娘である伊藤さんなのかもしれないと、Tシャツを見ながらふと思った。


伊藤嘉奈子(いとう・かなこ)
東京生まれ、文化学院卒。伊藤ウロコ3代目社長、伊藤綱太良(こうたろう)氏の長女。出版社、広告代理店勤務の後、2000年に伊藤ウロコに入社。現在は専務取締役で、4代目の母に続き5代目修業中。また築地商業協同組合では事業部理事を務め、同組合(魚がし横丁)広報企画室では制作、進行を担当する

日経ビジネス電子版から転載。
日経BP総研 HR人材開発センター長 大塚葉が担当した記事を再掲。