この連載で取材している女性経営者について、「どうやって、跡取り娘を探しているのですか」と聞かれることが多い。「跡取り娘さんを紹介してくれそうな人には必ず、この連載をやっていますのでよろしく、とお願いするんですよ」と答えている。

 今回の、三重県津市の跡取り娘との出会いも、新丸ビルから始まった。新丸ビル7階の「丸の内ハウス」では、三菱地所とテナントが共同でフロア全体を巻き込んだイベントを開催している。

 「三重県食材フェア」に参加した時のことだ。三重県は、農水商工部のマーケティング室でパンフレットなどを作り、三重県の特産物をブランド化して発信している。マーケティング室の担当者に推薦してもらったのが、今回の跡取り娘、横山食品横山史子代表取締役(43歳)である。

横山食品3代目の横山史子さん(写真:山田 愼二、以下同)

 担当者によれば、三重県の横山食品では豆腐、油揚げ、がんもどきなどの大豆製品を製造しており、社長は横山史子さん。横山さんの祖母の横山かね子さんが自宅で豆腐屋を始め、母の横山教子さんが婿を取った。現在はその娘が社長をしているという、女系の会社だ。年商12億円の横山食品は100%自社で生産・販売する会社で、この業種で「仲間卸(製造メーカー同士で商品の売り買いをすること)」をやっていないのは珍しいということだ。

 品質、コスト競争力とも高い優良な食品企業と三重県庁の農水商工部でも高く評価されている。現在は母と娘が新商品の開発を行っているという。

 この連載の取材では、「女系家族」に出会う確率が多い。女ばかりで代々婿を取る家では、なぜか女性がとても強いのだ。創業者から女系の会社とは面白い。興味をそそられて津市への取材を決めた。人との出会いがさらに出会いを生むのが、この連載の醍醐味でもある。

 横山食品の2つある工場の1つ、安濃工場を訪ねた。工業団地の中にあり、シャープの液晶テレビで有名な亀山に近い。工業団地の中も家電メーカーが多く、最近は減産で「派遣切り」も多い業界である。

 「最近は、パートさんの募集をすると、すぐに人が集まります。雇用が少なくなった地元の人が、近くで働きたいと応募してくれるのです」と、横山食品3代目の横山史子さんは言う。


 現在の従業員数はパートを含めて約110人。2交代制で、1日100俵(1俵が60キロ)の大豆を加工している。日生産能力は豆腐5万丁、油揚げ18万枚、がんもどき5万個。主要取引先は関西と中部のイオンなどのスーパーで、創業時から右肩上がりの業績。不況に強いのは食品だったのだ。

 それも横山食品の作る豆腐、がんもどき、油揚げは、中部、関西の「おうち食(内食)」には欠かせない。不況で外食が減っている今が強いのだ。

 横山食品を創業したのは、横山さんの祖母のかね子さん。その後母の教子さんが婿の武夫さんを迎え武夫さんが社長になったが、2005年に長女の横山さんにバトンタッチ。

 今回は、横山教子副会長、横山史子社長という母娘の跡取り娘の取材になった。

横山さんの母、横山教子副会長

 並んで座っている2人の印象は、対照的だ。よく話す元気な教子さんが「動」なら、隣で穏やかな笑みを浮かべる娘の史子さんは「静」のイメージ。史子さんは、子供がいるとは思えない若奥様という雰囲気だが、開発した新商品の話になると目の力が強くなり、情熱的に語り出す。

 2人ともこの家業に誇りを持ち、情熱を注いでいる。教子さんも、史子さんも、自分の母親が働く姿を見て育った。女が仕事をするのは当たり前だったという。

 「鎌倉の大学を出てから、すぐに家に戻りました。存命だった祖母が『帰ってきたらバラ色の未来が待っている』と繰り返し言うもんですから(笑)。就職活動もしないで、すぐに帰ったんですよ」と史子さん。

 小、中学校の頃から実家の工場で手伝いをしていた。製品のパッキング作業は、2歳年下の妹と競ってやっていた。日曜日も夏休みも、「無償労働だった」と笑う。

 「朝から夜まで母(教子さん)は立ちっぱなしなんです。その日の注文分を作り終わるまで、寝るわけにはいかない。仕事をしているうちに、日付が変わることもあります。そんな母の仕事ぶりを見ていて、自然に手伝わなくちゃ、という気持ちが芽生えるんです」

 後継とは一種の文化という言葉がある。祖母や母を見ていて「働く姿勢」は誰にも教えられずとも、史子さんにしみこんでいったのだ。

 「朝は3時半ぐらいから始まるのがこの家業です。祖母と母は毎日朝から晩まで働きづめでした。私が小学生の頃は家の1階が事務所で2階が自宅、裏が工場だったのですが、家では母の姿を見ない日もありました」

揚げ用の豆腐ができるまで

 もともと横山家は商家だった。史子さんの祖母、かね子さんの夫は様々な事業を手がけていたが、収入は常に不安定だった。夫が病気になって働けなくなったこともあり、かね子さんが自宅の土間で豆腐やがんもどきを作って売るようになったのが、1951年だったという。主婦の手作りではあったが、人も雇って細々とだが生産ラインをつくり、1日30キロほど作っていた。最初から、がんもどきが人気商品だった。

 「私が20歳ぐらいの時は、近所の女性5~6人を雇っていました。店は出さず、自転車に箱をつけて売りにいく人も雇っていました」と教子さん。教子さんは24歳で結婚したが、相手は公務員。転々と仕事を変える父を見ながら、「やはり手堅い公務員がいい」と思っていたのだ。

 女系の横山家に夫は婿として入ってくれ、教子さんは2人の子供を抱えながら商売を続けた。朝は3時から家の裏の工場に入り、現場を仕切り、製品を近所に卸しに行くついでにスーパーに営業もする。1961年ぐらいから、県内のスーパーが横山食品の製品を買ってくれるようになっていた。事務、製造、卸しと、跡取り娘の教子さんは大活躍し、事業を拡大していく。

 1973年に夫も公務員を辞め、夫婦で株式会社を設立。社長はかね子さんで、当時の売り上げは300万円ほどだった。「1975年に家を壊して100坪の敷地に工場を建てて、その施工中にイオンさんから取引の話がありました」

 横山食品にはずっと営業部門がない。教子さんがスーパーなどに回るぐらいで「品物さえよかったら、絶対スーパーさんの方が来てくれる。待っとったらええんや」という“待ちの姿勢”を貫いていたことが成功したのだ。

 今までも県内の主力スーパーには卸していたが、関西と中部のイオンとなると展開が大きい。横山食品は飛躍的に成長する。最終的には創業地の中町で1日20俵ぐらいを生産していたが、1981年に4億5000万円を投じて椋本に新しい工場を建て、そこを本社芸濃工場として拠点とした。思い切った投資に踏み切ったのは、なぜか。

 「今までずっと順調にきて、このまま続けたらお金は溜まるけれど、将来はないだろうと思っていたんです」

 最初の敷地では、建て増しを重ねても限界がある。元の自宅のあった100坪の空いている敷地にはすべて建物を建てたが、これ以上注文を受けても生産できない状態になったのだ。現状維持では将来はない。主婦の片手間仕事から始まった横山食品は大きな決断をして、拡大路線を取った。

 「主人は慎重派ですが、私は何しろ体が丈夫なんです。会社を大きくしたくてしょうがないんですね」と教子さんは、大きな体をゆすっておおらかに笑う。

 娘の史子さんに「当時会社にいらした時、お母さんから事業拡張の相談はなかったのですか?」と聞くと、「全然ありませんでした」と言う。

 「私は大学を卒業してすぐに家業に戻りましたが、最初は平社員で工場で2年、それから事務で生産管理や商品開発をやり、経営には関わっていなかったんです。でも母のやることに不安を覚えることはありませんでした。母は事業もお揚げも、何でも大きくしたいタイプ。私も当時は一緒に『イケイケどんどん派』だったのですが、社長を継いでからはすごく慎重派になりました」

 拡大主義の母と慎重派の娘。ちょうどいいコンビなのかもしれない。現に商品の油揚げのサイズも、母親の時代は「大きく大きく」のビッグサイズで大家族向け。しかし娘の史子さんの代になってからは、「孤食の時代」向けの様々なサイズが工夫されるようになった。

 横山食品は順調に成長を続け、史子さんも1982年にお見合いで結婚。夫は婿として家に入ってくれた。1年後に子宝にも恵まれ、順風満帆。夫も塾講師を辞めて家業に入り、仕事もどこに行くにも夫婦一緒という、理想的な跡取り夫婦だった。2004年には、油揚げ専門の安濃工場を建てる。

 しかし、2005年に史子さんが社長に就任するまでに、横山家は1つの悲劇を乗り越えなくてはいけなかった。それは、史子さんの夫の突然の死である。


横山史子(よこやま・ふみこ)
1966年、三重県津市に生まれる。鎌倉女子大学家政学部栄養管理学科を経て、横山食品に入社。製造から商品管理、商品開発などを行い、2005年に父横山武夫氏の後を継ぎ、祖父のかね子さんが興した横山食品3代目社長に就任。

日経ビジネス電子版から転載。
日経BP総合研究所 大塚葉が担当した記事を再掲。