購入する

相克のイデア

マツダよ、これからどこへ行く

色々あった。でもここまでは来た。
そう前田は言う。
ただ道は遥かに遠く、葛藤は続くと。
ならば問う。

2009年にデザイン部門のトップに立つや、業務プロセスを大胆に変革、「魂動」コンセプトの下、生命感あふれるデザインの車を生み出してきたマツダ常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当 前田育男。彼は言う。ここまでは来た。ただ道は遙かに遠く、葛藤はこれからも続くと。企業の生き残りを賭けた、その葛藤や相克の果てに未来への道を見い出すことができるのか。その答えを探るべく、技術・経営誌の編集者を長く務めた仲森智博と重ねた議論と思索の記録が本書である。

SCROLL

相克のイデア

マツダよ、これからどこへ行く

前田 育男(著) 仲森 智博(著)
日経BP
2020年6月8日発行 四六判、224ページ
2,000円+税

AUTHORS

前田育男

マツダ 常務執行役員
デザイン・ブランドスタイル担当

仲森智博

TSTJ 代表
早稲田大学 研究院 客員教授

中学・高校時代の同級生、
仲森智博(元日経BP総研フェロー)が聞くホンネの話

文:服部夏生  フリーランス 編集者兼ライター
著作に全国の刃物鍛冶を訪ねた『打刃物職人』(写真:三原久明氏・ワールドフォトプレス)、刀匠の技と心に迫った『日本刀 神が宿る武器』(仲森智博氏と共著・日経BP)がある。

CONTENTS

VIDEOS

ものづくり未来図
「相克のイデア」

デザインテーマ「魂動(こどう)」を掲げてマツダの革新を引っ張ってきた前田育男がデザイン論を語る「相克のイデア」。
取材では、同氏と中学・高校の同級生だった仲森智博がインタビュアーを務め、社交辞令抜きの本音の議論が繰り広げられています。

ものづくり未来図
「相克のイデア」
第2弾 日本刀編

デザインテーマ「魂動(こどう)」を掲げてマツダの革新を引っ張ってきた前田育男が、気鋭の刀匠として活躍する髙見國一氏を訪問する「日本刀編」です。