イノベーションは、万能ではない

Scroll Down
GAFAは栄えても、国は富まず―― イノベーションの本質、そして経済との関係を解き明かす

イノベーションはいくつも起きているのに、国の経済成長につながらない。なぜなのか。
インターネットや半導体など世界を変えたテクノロジーと、その革新の本質をひもときながら、国内の安易なイノベーション万能論に警鐘を鳴らす。

イノベーションは、万能ではない
イノベーションは、
万能ではない
西村 吉雄 著
2019年11月23日 発売
2,500円+税
体裁:四六判、496ページ
発行:日経BP
ISBN:978-4296104659

イノベーションへの期待が異常と感じられるほどに高い日本。 イノベーションへの期待が異常と感じられるほどに高い日本。

イノベーションさえ起こせば…

  • 地域が活性化する
  • 医師不足も解消する
  • 少子高齢化も解決する
  • 医療費の増大も抑制できる
  • 日本の借金も減る など

あなたのまわりで巻き起こっている
「イノベーション」に関する議論は、
このような声で溢れているのでは
ないだろうか。

イノベーションとは何なのか。
イノベーションとは 何なのか。

原理に立ち返りイノベーションを考究し、
曖昧な議論に陥りがちな現代の
イノベーション論を
一つに
まとめあげていく。

目次

第1部
イノベーションと経済
第1章│
イノベーションが経済成長に寄与していない
第2章│
イノベーションとは何か
第3章│
「安く買って高く売る」、この活動だけが利潤を生む
第4章│
農業圏の余剰労働力が高度成長をもたらす
第5章│
戦争と不況のGDPへの影響
第6章│
ICTに固有の問題
第7章│
資本主義は永続可能か
第2部
イノベーションの場の変遷
第8章│
中央研究所の時代から企業家の時代へ
第9章│
産学連携─イノベーションと大学
第10章│
通信の自由化とデジタル化
第11章│
モジュール化による分業
第12章│
設計と製造の分業
第3部
ICTイノベーションズ
第13章│
電気通信メディアの誕生
第14章│
プログラム内蔵方式とコンピューターの誕生
第15章│
トランジスタのアナザーストーリー
第16章│
半導体集積回路とシリコンバレーの成長
第17章│
マイクロプロセッサーこそ「新結合」の好例
第18章│
インターネットⅠ 未来の図書館
第19章│
インターネットⅡ パケット交換
第20章│
インターネットⅢ 『未来の図書館』の完成
第21章│
インターネットⅣ 民主主義をどう担保するか

著者

西村 吉雄

プロフィール

1942年生まれ。1971年東京工業大学大学院博士課程修了、工学博士。東京工業大学大学院に在学中の1967〜68 年、仏モンペリエ大学固体電子工学研究センターに留学。この間、マイクロ波半導体デバイスや半導体レーザーの研究に従事。
1971年日経マグロウヒル社(現在の日経 BP )入社。1979〜1990 年に 『 日経エレクトロニクス 』 編集長。その後、同社で発行人、調査・開発局長、編集委員などを務める。
2002年、東京大学大学院工学系研究科教授。
2003年に同大学を定年退官後、東京工業大学監事、早稲田大学大学院政治学研究科客員教授などを歴任。現在はフリーランスの技術ジャーナリスト。

著書

『電子立国は、なぜ凋落したか 』 4822276988 日経 BP、
『電子情報通信と産業 』 4339018015 コロナ社、
『硅石器時代の技術と文明 』 4532093775 日本経済新聞社、
『半導体産業のゆくえ 』 4621051768 丸善 など。

イノベーションは、万能ではない
イノベーションは、
万能ではない
西村 吉雄 著
2019年11月23日 発売
2,500円+税
体裁:四六判、496ページ
発行:日経BP
ISBN:978-4296104659