企業と連携して、
新しい事業・商品・サービス・仕組みを考える
Biz-Reborn 京丹後」開催!

2020年2月、3月に開催!参加無料

 京丹後市は京都府の北端、名勝地「天橋立」を近くに臨みます。人口は約5万人。歴史は古く、弥生時代の遺跡や古墳が数多く残っています。産業では、機械金属を基幹産業とし、江戸時代に始まった丹後ちりめんの織物業があります。また、山陰海岸ジオパークに代表される日本海ならではの風光明媚なスポットや温泉を観光資源として観光業が栄え、多彩な果物や日本海の海産物など特産品も豊富です。

 この京丹後市にある企業と連携して、新しい事業・商品・サービス・仕組みを考えてみませんか。ビジネスプロデューサー養成講座「ビズラボ」のノウハウを生かして、京丹後市の企業と市外の企業がテーマに分かれてビジネスプランを生み出します。

Biz-Reborn京丹後の会場の丹後王国
Biz-Reborn京丹後の会場の丹後王国

テーマについて

Biz-Reborn 京丹後のテーマが決定しました。詳しくはこちらから。

概要

Biz-Reborn 京丹後 開催概要

京丹後市ホームページはこちら

  • 開催日
    第1回 2020年2月20日(木)
    13:30 ~ 17:00 オリエンテーション、グループワーク
    第2回 2020年3月18日(水)
    13:30 ~ 17:00 グループワーク、プレゼンテーション
    ※なお、本企画は2020年4月以降も継続する予定ですが、今回は上記2回の参加者を募集します。
  • 会場
    丹後王国 情報交流センター(京都府京丹後市弥栄町鳥取123)
  • 応募資格
    ・第1回、第2回の両日ともに参加できること
    ・本市内外企業、団体、個人を問わず、ご応募いただけます
    ・本市内企業、団体、個人と連携し、製品・サービス開発に取り組む意欲があること
    ・応募者多数の場合は、本市内企業・在住者を優先的に選定させていただきます
  • 参加費
    ・無料。ただし、会場までの交通費は各自負担
    ・開発会議の過程で必要となった試作品や試作サービス開発のための費用は自己負担
  • 応募締切
    2020年1月31日(金)
  • 主催
    京丹後市地域雇用促進協議会
  • 協力
    株式会社 日経BP
多喜義彦氏

 Biz-Reborn 京丹後には、“開発の鉄人”多喜義彦氏に講義をしていただき、開発の極意を学びながらグループに分かれてビジネスモデルを議論します。多喜氏は、1970年から開発コンサルを手掛け、これまでに手掛けたテーマは3000件を超え、約1000社の技術支援を行いました。