上原大祐障害攻略大作戦 2018 Summer

東京オリ・パラまであと2年 「おいしいけど残念」をなくそう

平昌パラリンピックが、2018年3月9日から18日までの10日間開催された。上原大祐氏は、パラアイスホッケーに出場。残念ながらメダルは逃したが現地を動き回り、車いすユーザーとしての視点から、良かったところ、残念だったところを見つけたという。この教訓を、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの運営に生かしてほしい。(編集部)

 「こんにちは」

 平昌(ピョンチャン)パラリンピックの会場でボランティアの人から日本語で挨拶された。初めは日本からもボランティアに来ているのかと思ったが、何人もの人から日本語で挨拶されて、韓国の人が日本語を覚えて迎えてくれていることに気が付いた。これは素直にうれしかった。2020年の東京オリンピック・パラリンピックでも、ぜひ取り入れてほしい。様々な国の挨拶を覚えて、海外から来る選手や観戦者を迎える。大掛かりな設備が要るわけではなく、大きな投資をする必要もない。気持ちがあればできることだ。

 今回は、パラアイスホッケーの日本代表として参加した平昌パラリンピックで感じた良かったところ、おしかったところを挙げる。おしかったのは、障害者、特に車いすユーザーに便利なようにと配慮しているにもかかわらず、当事者の意見が反映されていないために使いにくかったり、不便だったりしたところだ。2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、こうした「おしいけど残念」なところを少しでもなくしたい。

ルールも知らずに盛り上がる観客 “はしゃぐボランティア”はいかが?

 まずは良かったところ。パラアイスホッケーの試合の合間、会場の大画面にはボランティアの人たちの映像が映し出されていた。続けて「Thank you」の文字が画面に現れる。ボランティアの人たちへ感謝の気持ちを伝えるためだ。選手だけでなく、大会に関わる全ての人のおかげで大会が成り立っていることに気付かせてくれる、運営側のとても良い配慮だった。

 もう一つ良かったのは観客の盛り上がり。パラアイスホッケーの試合をしていて感じたのだが、観客は必ずしもルールを知らない。なぜそのことに気が付いたかというと、チャンスでもないのに観客が異常に盛り上がっていたからだ。だが、ルールを知らなければ歓声を上げられないという考え方は、大きな間違いだった。

 さらに分かったことは、チャンスでもないのに盛り上がっている観客の声で、選手のモチベーションは意外に上がるということ。「パラリンピックに参加している」と実感させてくれたのだ。

 ここで一つ提案したい。日本人は、他の国の人に比べてスポーツ観戦に慣れていない。特に、盛り上がるのが苦手だ。だから、東京オリンピック・パラリンピックでは“はしゃぐボランティア”を導入してはどうだろうか。ボランティアがはしゃいでいるのを見て周りの観客も自然と声を上げ、最後は会場全体が歓声に包まれる。これで、選手も観客も楽しめることは間違いない。ルールを知らない競技をちょっとのぞいた観客も、はしゃぐボランティアに乗せられて盛り上がれるので、どこの競技場に行っても楽しめるようになるだろう。

「おしい」をなくすには当事者の意見を聞くことが大事

 ここからは「おしいけど残念」なケースを3つ挙げる。

 1番目の例は、車いすユーザー用の観客席だ。アイスホッケー場のリンクには、1周にわたって車いす用の観客席が用意されていた。この点は非常に良かったのだが、車いすユーザーが並んで見ることができない構造になっていた。車いす用の席と健常者用の席が交互に設置されていたのである。車いすで移動する人には、必ず介助者がいるという固定概念があったのだろう。

 しかし、パラリンピックに出場するようなアスリートは、1人で車いすに乗ってどんどん移動する。アイスホッケーの選手も同様だ。アイスホッケーチームの仲間で観戦するとき、チームメートが一つ飛ばしで座らないといけないのでは話もできない。さらに問題だったのは、車いす用の観客席の手前に段差があったことである。

リンク周りの写真
リンクの周りには車いす用の席と健常者用の席が交互に並ぶ。車いす用の席に行くには段差を越える必要がある。

 続いて、障害者用トイレの前のスロープ。一見、問題なさそうだが、実は車いすでこのスロープを上ると、漕いでいるためにドアを開けることができないという重大な欠陥がある。車いすを漕がなければスロープを下ってしまい、漕いで上ればドアは開けられない。スロープを上り切ったところに平らな場所があればいいだけなのだが、それがないのだ。

 こちらもやはり、介助者がいるという前提の造りなのだろう。当事者(選手)の意見を聞いていれば、こうはならない。「おしいけど残念」の典型例だ。

障害者用のトイレ前スロープ
障害者用トイレの前のスロープは、扉を開けようとすると後ろに下がってしまう。その姿はまるでコントのようだ。

 床をはう配線にも泣かされた。選手村の食堂は24時間開いているので、自分の体調や試合までの時間などに合わせて好きな時間に食事ができるのは、選手にとってとてもありがたかった。

 ところが、この食堂にも「おしいけど残念」があった。床にある電気コードが、車いすでも乗り越えられるようにと黒色と黄色のカバーで覆われていたのだが、この盛り上がりを乗り越えるのは意外に難しい。車いすユーザーは、食堂では盆や皿を持ちつつ、片手で車いすをコントロールしなければいけないからだ。実際、バランスを崩して盆をひっくり返してしまった選手を多く見かけた。天井に配線するか、迂回して車いすユーザーの動線と交差しないようにするべきだった。

食堂の写真
食堂では黒色と黄色のカバーを乗り越えるときに、盆を引っくり返しそうになる

東京2020を盛り上げるキーワード それは“子ども”

 最後に、東京オリンピック・パラリンピックをきっかけに障害者スポーツの普及策を提案したい。平昌パラリンピックに行く前にある保育園、2園を訪問した。そこで子どもたちが素敵な旗を作ってプレゼントしてくれた。旗を作るに当たり、子どもたちはオリンピックやパラリンピックのことを調べたようで、道具を手作りして、カーリングやホッケーを楽しんでいた。すぐに新しいことを遊びに取り込むのは子どもの特権だろう。大人では、こうはいかない。

カーリングやパラアイスホッケーをする保育園児
カーリングやパラアイスホッケーをする保育園児

 日本では、障害者が行えるスポーツの普及に力を入れている。普及が進めばその中からパラリンピックを目指す人も増え、日本選手の活躍がさらに、スポーツをする障害者を増やすという好循環が期待できる。しかし障害者がスポーツをするのには、まだまだ課題が多い。課題克服には、まず注目度を上げること。その起爆剤に子どもが有効なのである。

 今回、保育園で子どもたちがオリンピックやパラリンピックを調べたときには、周りの大人たちが一緒に調べていたのではないだろうか。こうしたことをきっかけに、親や先生が子どもたちと一緒にテレビで観戦することもあるだろう。

 保育園の様子を見ていて、子どもをきっかけにして大人を動かすのが普及や注目度向上には効果的だと気付いた。東京2020へ向け、子どもを巻き込んだ活動を増やすことでパラリンピックの観客も増やせる。“子ども”が東京2020のキーワードだ。

うえはら・だいすけ

うえはら・だいすけ

2010年バンクーバーパラリンピック銀メダリスト。2018年の平昌パラリンピックにも出場。2012年に米国にわたり障害児のスポーツ環境を学んだ後、「NPO法人 D-SHiPS32」を設立。障害児にスポーツ環境を提供したり、みんなが楽しめるユニバーサルビレッジをつくったりと、誰もが夢に向かって挑戦できる社会を目指して活動。企業とコラボしながら、いくつもの商品開発も手掛ける。

この号の目次へ

これまでのリアル開発会議はこちら