特集 リモートケア、発進! 目次

特集表紙

「顔色、いいですね。血圧も体温も安定していますね。いつも通りのお薬を処方しておきます」

 ビデオ会議を使って、離れた場所にいる医師が自宅や職場にいる患者を診察し、薬を処方する。そんなオンライン診療が一般的になる日は近い。

 オンライン診療が普及する結果、広がるのが医療機関とつながる新しい端末だ。ここには薬局や介護、家事の手伝い、ケータリング、タクシー、娯楽、金融など、在宅患者の生活を支援するサービスが一斉に載ることになる。

 この生活全般をサポートするサービス群が「リモートケア」だ。2019年、リモートケアが離陸に向け滑走を始める。

目次

この号の目次へ

これまでのリアル開発会議はこちら